ISID、最短3週間でBIシステムが利用できるSAPユーザー向けテンプレートを発売

富永恭子(ロビンソン)

2010-05-28 17:51

 電通国際情報サービス(ISID)は5月28日、SAPユーザーにおける経営分析や決算業務の集計、評価作業を効率化する会計BIテンプレート「SPECTRE FI/COテンプレート」の提供を開始したと発表した。

 ISIDでは、2006年10月以来、SAPユーザー用データ連携ツールとして「BusinessSPECTRE」を提供しており、これまで50ライセンス以上の導入実績とBIシステムの構築実績を持つという。SPECTRE FI/COテンプレートは、SAPのユーザー企業が汎用的に活用できる50以上のレポートをパッケージにしたもの。データの多次元構造モデルのキューブやデータウェアハウス(DWH)構造、約150のインターフェース設定を含み、すぐに利用開始が可能なオールインワンパッケージになっている。ISIDでは、同テンプレートの使用により、従来は数カ月間を要していたBIシステム構築を最短3週間に短縮し、低コストで導入できるとしている。

 同テンプレートでは、BusinessSPECTREの機能により、SAPのFI(財務会計)、CO(管理会計)のデータをMicrosoft SQL Serverに抽出し、SQL ServerのBI機能によって分析およびレポート作成を行う。このプロセスにおいて、今まで実現が困難だった会計データの決済情報の差分転送や、組織変更への対応を実現しているという。また、データマートにおいては、損益計算書の勘定階層や貸借対照表の残高など、一部のBIツールでは実現できない会計キューブを実装しており、損益分析レポートや高度なKPIレポートを容易に参照することが可能だという。

 SPECTRE FI/COテンプレートの提供価格は、一式200万円から。導入作業費および設計文書については別途料金が発生する。利用にはハードウェア(インフラ)、BusinessSPECTRE、Microsoft SQL Server 2008 Enterprise Editionのライセンスが別途必要となる。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. ビジネスアプリケーション

    【マンガ解説】まだ間に合う、失敗しない「電子帳簿保存法」「インボイス制度」への対応方法

  2. ビジネスアプリケーション

    きちんと理解できていますか?いまさら聞けないインボイス制度の教科書

  3. 運用管理

    AWS、GCP、Azureを中心としたクラウドネイティブ環境における5つのセキュリティ強化策

  4. セキュリティ

    マンガでわかる―Webサイトからの情報搾取を狙うサイバー攻撃「SQLインジェクション」、どう防ぐ?

  5. セキュリティ

    緊急事態発生時にセキュリティを維持するための8つの戦略と危機管理計画チェックリスト

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]