編集部からのお知らせ
Topic 本人認証の重要性
宇宙ビジネスの記事まとめダウンロード

ISID、AmazonとクラウドSI事業分野でのパートナーシップを締結

富永恭子(ロビンソン)

2010-03-31 08:00

 電通国際情報サービス(ISID)は、Amazon Web Servicesが提供するクラウドサービス(AWS)上で、システムインテグレーションおよびSaaS提供が可能なソリューション・プロバイダーズ・パートナーシップを締結したことを発表した。今後、ISIDはAWSが提供するAmazon Elastic Compute Cloud(Amazon EC2)や、Amazon Simple Storage Service(Amazon S3)を活用したクラウド型ソリューションメニューを大幅に拡大したい考えだ。

 Amazon EC2は、仮想サーバをウェブサービスとして提供するサービス。起動するサーバの能力と利用時間によって課金されるしくみで、利用者は計算資源を借り受けてアプリケーションを実行し、自由に拡張することもできる。Amazon S3は、オンラインストレージサービスで、容量と転送量によって課金される。

 ISIDでは、2009年10月にクラウドビジネス推進室を設置、同年11月にはアジア初となるSAP Business All-in-Oneを採用したクラウドサービスの提供を発表するなど、クラウドビジネスの展開を加速している。ISIDが提供するクラウドソリューションは次の4つ。

  • AWSなどのパブリッククラウド上でのSI事業を展開する「クラウドSI事業」
  • 既存システムからクラウドへの移行と運用を支援する「プライベートクラウド事業」
  • 欧米の先進的なクラウドサービスを国内代理店として提供する「クラウド代理店事業」
  • ISIDが開発したソフトウェア製品のSaaS化を推進する「SaaSモデル提供」

 同社は、いずれもユーザー企業の視点に立ったITソリューションとしてのクラウド活用を主眼としているという。

 今回のパートナーシップ締結は、特にクラウドSI事業でシステム構築の選択肢を大幅に拡大させるものだとしている。たとえば新商品キャンペーンなどの非定常業務において大規模なITリソースが一時的、短期間に必要となる。その場合、従来の手法ではシステム構築に相応のコストと期間が必要となるうえ、ユーザーはビジネス目的を達成した後もITリソースの保有コストを負担しなければならない。ISIDでは、AWSをはじめとするパブリッククラウドの活用により、このような課題は抜本的に解消されるとしている。

 ISIDではすでに、クラウド連携エリアワンセグの実証実験にAWSを採用するなど、AWS上でのアプリケーション構築とその検証を進めている。今後はさらに体制を強化し、ユーザー企業のビジネス革新を支援するクラウド型ソリューションを提供していきたい考えだ。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. ビジネスアプリケーション

    なぜ、2021年にすべてのマーケターが「行動経済学」を学ばねばならないのか?

  2. セキュリティ

    SIEMとEDRが担うべき正しい役割とは?企業のセキュリティ部門が認識しておくべき適切なツールの条件

  3. クラウドコンピューティング

    デザインシンキングによるAIと課題のマッチング!現場視点による真のデジタル改善実現へ

  4. 経営

    なぜ成長企業の経営者はバックオフィス効率化に取り組むのか?生産性を高めるための重要な仕組み

  5. 仮想化

    Microsoft 365を利用する企業が見逃す広大なホワイトスペースとは?

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]