編集部からのお知らせ
宇宙ビジネスの記事まとめダウンロード
記事まとめ「テレワーク常態化で見えたこと」

クラウドコンピューティングにおける「商品化」と「コモディティ化」 - (page 3)

文:James Urquhart(Special to CNET News) 翻訳校正:川村インターナショナル

2010-06-29 15:00

 現在Amazon環境で作業し、これらのサービスを直接利用している開発者は、比較的移植性が高い「準コモディティ」サービスと、(少なくとも実装に関して)真にAmazon固有のサービスを組み合わせて使用していることに気づくかもしれない。

 2つめの理論では、クラウドプロバイダーはサービスだけでなく機能も革新することが可能で、そのような革新的な機能を高めの料金で提供できる可能性もある。市場がその革新に価値を見いだせば製品は売れる。価値を認められなければ無視される。市場に受け入れられない場合、サービスプロバイダーはその機能の価格を下げるか、あるいはその機能自体を廃止するかの選択を迫られる。

 とはいえ、この2つの理論は共存できないというわけではない。例えば、クラウドサービスブローカーの参入により、他社の純粋なコモディティサービスを利用して付加価値サービスを提供するプロバイダーが出てくるかもしれない。また、「最小公倍数的」なコモディティインフラストラクチャサービスの周辺で、処理能力当たりのコストやストレージ容量当たりのコストを大幅に節約するためのサービス設計を行う開発者の市場が生まれる可能性もある。

 ここで重要なのは、市場がその決定を下すということだ。しかし、市場の大部分がまだ評価を下していないトレードオフも存在する。今の時点でいずれかの結果を全面的に支持してしまうことは、極めて接戦の選挙において、まだ5%の票の集計しか終わっていない段階で当選者を確定するようなものだ。

 クラウドコンピューティングがITのコモディティ化(そして、おそらく商品化)にどのような影響を及ぼすのかについて、読者の皆さんの考えを知りたいと思う。もちろん、「クラウドコンピューティングは失敗する」という可能性もある。ただし、そういう見解の人は、クラウドが失敗する理由、そして、コモディティ化や商品化がその失敗に及ぼす影響についての考えを教えてほしい。皆さんの考えを聞くのを楽しみにしている。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    MITスローン編著、経営層向けガイド「AIと機械学習の重要性」日本語版

  2. クラウドコンピューティング

    AWS提供! 機械学習でビジネスの成功を掴むためのエグゼクティブ向けプレイブック

  3. クラウドコンピューティング

    DX実現の鍵は「深層学習を用いたアプリ開発の高度化」 最適な導入アプローチをIDCが提言

  4. セキュリティ

    ランサムウェアを阻止するための10のベストプラクティス、エンドポイント保護編

  5. セキュリティ

    テレワークで急増、リモートデスクトップ経由のサイバー脅威、実態と対策とは

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]