編集部からのお知らせ
「ZDNet Japan Summit」参加登録受付中! 
新着記事集:「負荷分散」

アップル、「iPhone 4」の受信問題でOSアップデートを提供か--米報道

文:Lance Whitney(CNET News) 翻訳校正:佐藤卓、小林理子

2010-06-29 10:44

 「iPhone 4」を「誤った持ち方」で握ると受信問題が起きる問題で、Appleから有効な解決策がまもなく提供されるらしい。

 AppleInsiderによると、現在「iOS 4.0.1」ソフトウェアフィックスが準備中であり、早ければ米国時間6月28日にも提供される可能性があるとされていた。具体的には、Appleの技術サポートフォーラムであるApple Discussionsでユーザーから、iOS 4.0.1アップデートが週の初めにも提供される予定であることを認めるApple担当者のコメントを見たという報告が寄せられていたが、該当のコメントや関連のスレッドはすでに削除されている。

 iPhone 4では、24日に発売が開始された当初から、特定の持ち方で本体を握ると受信電波が弱くなったり、場合によっては途切れたりして、通話が切れてしまうという不満の声がインターネット上にあふれ始めた。その後まもなく、左手でiPhone 4を握ると本体周囲のアンテナ部分に干渉し、その結果信号が弱まってしまうことがユーザーらによって確認された。

 Appleは24日遅くになってこの問題を認めたものの、どのような携帯電話でも起こりうる問題だと説明した。同社はiPhone 4のユーザーに対し、ケースを購入するか異なる持ち方で握ることを勧めたが、このことは当然ながら、すでに199ドルないし299ドルの代金を払ってiPhone 4を購入したユーザーの怒りを助長する結果となった。Appleが28日に発表したところによると、iPhone 4は発売から3日間で170万台が売れたという。

 このアンテナ問題は、ユーザーにとっては驚きだったかもしれないが、一部専門家は早くから予想していた。iPhone 4が発売される2週間前には、アンテナの専門家でデンマークのオールボルグ大学教授のGert Frolund Pedersen氏が、iPhone 4のアンテナ配置について懸念を示していた。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    Google Cloudセキュリティ基盤ガイド、設計から運用までのポイントを網羅

  2. セキュリティ

    仮想化・自動化を活用して次世代データセンターを構築したJR東日本情報システム

  3. ビジネスアプリケーション

    スモールスタート思考で業務を改善! 「社内DX」推進のためのキホンを知る

  4. セキュリティ

    Emotetへの感染を導く攻撃メールが多数報告!侵入を前提に対応するEDRの導入が有力な解決策に

  5. セキュリティ

    偽装ウイルスを見抜けず水際対策の重要性を痛感!竹中工務店が実施した2万台のPCを守る方法とは

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]