IPA、「情報セキュリティ対策ベンチマーク」をアップデート

吉澤亨史

2010-07-01 12:26

 独立行政法人 情報処理推進機構(IPA)は6月29日、2005年8月からIPAのウェブサイトで公開している「情報セキュリティ対策ベンチマーク」の診断の基礎データを最新のデータに入れ替え、バージョン3.3として新たにサービスを開始したと発表した。

 情報セキュリティ対策ベンチマークは、組織の情報セキュリティ対策の取組状況と企業プロフィールを回答することで、セキュリティ対策の取組状況がどのレベルに位置しているかを他社と比較して確認できる自己診断システム。ISMS(情報セキュリティ管理システム)認証基準の附属書A、管理策をベースに作成しており、ISMS適合性評価制度を用いるよりも簡便に自己評価が行える。

 またIPAでは、蓄積されたデータから統計情報を作成、公開している。これによると、大企業と中小企業ではトータルスコア平均に約8点の差が、各評価項目スコア平均に0.32点の開きがあり、大企業の方が中小企業より対策が進んでいるという。

 中小企業の情報セキュリティ対策状況の4年間の経年比較では、「従業者との契約」「第三者アクセス」「建物等のセキュリティ」といった項目で向上の度合いが大きかった。一方、「不正プログラム対策」「脆弱性対策」は差がなかったが、これは情報セキュリティ対策として取り組みがすでに進んでいるためだとしている。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

注目している大規模言語モデル(LLM)を教えてください

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]