編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

クラウドコンピューティングとオープンソースの関係--IT運用における役割の変化

文:James Urquhart(Special to CNET News) 翻訳校正:川村インターナショナル

2010-07-14 07:00

 クラウドコンピューティングとオープンソースソフトウェアは、クラウドの黎明期から密接な関係にある。Amazon.comやSugarCRM、Rackspaceなど、数多くのベンダーが、仮想化からデータストア、ユーザーインターフェースまで、あらゆることに関してオープンソースの選択肢を活用してきた。

right 提供:Geograph/Ray Jones

 現在クラウドが成立しているのは、オープンソースソフトウェアの経済性と柔軟性によるところが大きいと言ってもいいだろう。しかし、オープンソースソフトウェアはクラウドコミュニティーで広く採用されているにもかかわらず、オープンソースソフトウェアの将来はクラウド運用モデル自体によって大きく左右されることになる。

 LAMPスタックの将来に関する最近の興味深い議論について考えてみよう。LAMPは、Linux、Apache Web Server(またはTomcat)、MySQL(またはほかのオープンソースデータベースエンジン)、そしてPerl、Python、PHPといったスクリプティング言語で構成されるスタックであり、ウェブアプリケーションの世界では極めて重要な役割を果たしている。しかし、筆者が先ごろ指摘したように、LAMPはクラウドではそれほど重要でない可能性がある。

 オープンソースがクラウドコンピューティングから大きな影響を受けるとき、その中心的な要因となるのは、IT運用の分野における役割の変化だ。クラウドによって、運用チームの注力すべき対象がサーバからアプリケーションへ移るということを、筆者は従来より指摘している。これは、アプリケーションが依存するインフラストラクチャコンポーネントと、アプリケーション自体の運用を、別々のチームが担当するようになったことを意味している。

 ITインフラストラクチャの定義は、この15年間ほどで大きく変わった。今やITインフラストラクチャという用語は、ハードウェアだけでなくソフトウェアも含むことが多くなっている。クライアント/サーバ型の世界では、OSは長い間インフラストラクチャと見なされてきた。J2EEアプリケーションサーバやリレーショナルデータベース管理システムなど、ミドルウェアやデータベースも、主に共通インフラストラクチャとして扱われている。

picture2 提供:James Urquhart

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

関連記事

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]