クラウドコンピューティングにおける差別化--他社との違いを伝えるための5つのヒント

文:James Urquhart(Special to CNET News) 翻訳校正:川村インターナショナル 2010年06月29日 11時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 クラウドコンピューティングプロバイダーはマーケティング面で困難な課題を抱えている、というのが筆者の意見だ。考えてみてほしい。プロバイダーは、提供しているサービスモデルや導入モデルがどのようなものであれ、できるだけ多くの顧客の「コモディティ」を求めるニーズに応えつつ、自社のサービスを差別化する必要がある。こうしたプロバイダー各社は、最小公倍数的なサービス機能を提供することと、顧客を意図的に囲い込んでいると非難されることの間で、板挟みになっているように思える。

picture 提供:Jake Shepherd/Flickr

 顧客の立場から見ると、「サーバやストレージを探す」とき、Linuxまたは「Windows」を搭載し、ファイルを保存するという本質的に同じ特徴を持つ多くのサービスの中から1つを選択することも同様に困難なことだ。顧客は何を基準に選べばよいのだろうか。また、クラウドプロバイダーが顧客の目に見える形で差別化を図るには、どうすればよいのだろうか。

 ここでは、クラウドコンピューティングにおいて競合他社との差別化を図るべき5つの重要項目を紹介する。ここで挙げるものがすべてというわけではないし、筆者もすべてのベンダーがこの問題を同じ観点から検討しているとは考えていない。しかし、クラウドサービスの導入を検討している人は、それがSaaSであれ、PaaSであれ、IaaSであれ、サービスを評価するにあたって、まずはこの5つの要素を検討すべきだと思う。また、これらのサービスを販売している人は、次回、要件に関する書類を作成するとき、このリストを概略として使ってほしい。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連キーワード
クラウドコンピューティング

関連ホワイトペーパー

連載

CIO
Rethink Internet:インターネット再考
インシデントをもたらすヒューマンエラー
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
ざっくりわかるSNSマーケティング入門
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
より賢く活用するためのOSS最新動向
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算