編集部からのお知らせ
「ZDNet Japan Summit」参加登録受付中! 
新着記事集:「負荷分散」

医療法人白十字会、オラクルのBI製品で医療情報のDWHシステムを構築

ZDNet Japan Staff

2010-07-07 17:18

 日本オラクルは7月7日、長崎県佐世保市の医療法人財団白十字会(白十字会)が、同社のビジネスインテリジェンス(BI)製品「Oracle Business Intelligence Suite Enterprise Edition Plus」(以下、Oracle BI Suite EE Plus)を活用して医療情報データウェアハウス(DWH)システムを構築し、稼働を開始したと発表した。システムインテグレーションは、新日鉄ソリューションズが担当している。

 白十字会は、佐世保中央病院や白十字病院、燿光リハビリテーション病院など長崎県北部と福岡市で多数の医療・介護施設を運営している。同法人では、IT活用による医療の品質向上と効率化の取り組みの一つとして、独自開発した電子カルテシステム「HOMES: Hakujyujikai Organizing Health and Medical Information Enterprising System (ホームズ)」、医事会計システム、オーダリングシステムなど、5つのシステムを連携。各システムに蓄積した情報を有効活用し、医師を始めとする職員の研究支援や病院経営の効率化を目指した。

 白十字会では、2008年夏にOracle BI Suite EE Plusの採用を決定。2009年2月に新医療情報DWHシステム「HOMES BI(ホームズ・ビーアイ)」の構築を開始した。採用にあたっては、オラクル製品の豊富な実績や機能に加え、既存システムや新たに構築する「HOMES BI」で利用を予定するオラクルのデータベース製品との連携や運用、保守における高い親和性が評価されたとしている。

 白十字会では現在、職種ごとにアクセス権限を設定し、経営企画統括本部など20部門の約150人が新医療情報DWHシステムを活用し、医師の研究支援や患者別や疾患別の原価計算を行っている。今後は法人内の病院、介護施設の予実データの可視化を行っていく予定という。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    Google Cloudセキュリティ基盤ガイド、設計から運用までのポイントを網羅

  2. セキュリティ

    仮想化・自動化を活用して次世代データセンターを構築したJR東日本情報システム

  3. ビジネスアプリケーション

    スモールスタート思考で業務を改善! 「社内DX」推進のためのキホンを知る

  4. セキュリティ

    Emotetへの感染を導く攻撃メールが多数報告!侵入を前提に対応するEDRの導入が有力な解決策に

  5. セキュリティ

    偽装ウイルスを見抜けず水際対策の重要性を痛感!竹中工務店が実施した2万台のPCを守る方法とは

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]