編集部からのお知らせ
新着の記事まとめPDF「NTT」
おすすめ記事まとめ「MLOps」

CTC、プライベートクラウド向け仮想化統合インフラ「VM Pool」強化

田中好伸(編集部)

2010-08-06 18:17

 伊藤忠テクノソリューションズ(CTC)は8月6日、プライベートクラウド環境向け仮想化統合インフラ「VM Pool」シリーズに新たにプラットフォームとリソース管理機能を追加、販売を開始したことを発表した。

 VM Poolは、CTC独自のプライベートクラウドソリューション。さまざまなベンダーのサーバやストレージ、仮想化技術を組み合わせて、あらかじめ最適なシステムとして検証し、プライベートクラウド環境を短期間で構築できるとしている。

図 VM Poolシリーズのシステム構成ラインアップ
※クリックすると拡大画像が見られます

 今回は、VM PoolのプラットフォームとしてCisco Systemsのサーバ「Cisco Unified Computing System(UCS)」を追加。システムの設計と構築を容易にすることで導入期間を短縮でき、サーバやストレージ、ネットワークの一元的なプロビジョニングでシステムリソースの運用負荷を軽減できるとしている。

 また今回の強化策では、リソース管理機能を追加している。バックアップやリソース監視といった管理機能に加えて、仮想環境に対応したサーバの負荷分散、セキュリティなども追加している。

 バックアップでは「EMC Avamar」と「Symantec NetBackup」、負荷分散にはF5ネットワークスの「BIG-IP LTM VE」、セキュリティでは「Trend Micro Deep Security」、可用性では「Stratus ftServer」と「VCS for VMware ESX」の後継製品である「Symantec AppControl」を活用している。また統合監視としては日立製作所の「JP1/Performance Management」と「JP1/Integrated Management」、ログ管理では「Splunk」を活用している。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    アンチウイルス ソフトウェア10製品の性能を徹底比較!独立機関による詳細なテスト結果が明らかに

  2. 経営

    10年先を見据えた働き方--Microsoft Teamsを軸に社員の働きやすさと経営メリットを両立

  3. セキュリティ

    6000台強のエンドポイントを保護するために、サッポログループが選定した次世代アンチウイルス

  4. セキュリティ

    ローカルブレイクアウトとセキュリティ-SaaS、Web会議があたりまえになる時代の企業インフラ構築

  5. 運用管理

    マンガでわかるスーパーマーケット改革、店長とIT部門が「AIとDXで トゥギャザー」するための秘策

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]