編集部からのお知らせ
解説:広がるエッジAIの動向
Check! ディープラーニングを振り返る

CTC、大和ハウス工業のプライベートクラウド環境を構築--構築期間は2カ月半

富永恭子(ロビンソン)

2010-02-03 19:28

 伊藤忠テクノソリューションズ(CTC)は、大和ハウス工業における業務推進システムのITインフラを、新たにプライベートクラウド環境として構築し、1月1日より稼働を開始したと発表した。

 CTCは今回、日本ヒューレット・パッカードのブレードサーバ、ネットアップのNASストレージ、ヴイエムウェアの仮想化技術などを用いて、セキュリティやバックアップを含め、障害時における最小限のダウンタイム、無停止での各リソースの追加など、大和ハウス工業のニーズに適合したプライベートクラウド環境を、2カ月半という短期間で構築したとしている。

 また、大和ハウス工業向けに、サーバやストレージなどのITリソースを月単位で使用できるサービスメニューを整備し、保守サポート、監視、運用も含めたオンデマンドサービスとして本環境を提供するという。必要なリソースは、要求後3日から1週間で利用可能になるとしている。

 大和ハウス工業の業務推進システムは、全社の約2万人が使用しており、販売管理や物件管理などの営業機能、部材管理や施工管理などの技術機能、定期点検管理や履歴管理などのアフター機能とともに、ポータルやスケジュールなどの全社共通機能を含み、生産から営業、アフター、間接部門にわたる業務をサポートしている。

 同社では、業務推進システムの増え続けるシステム負荷の問題を解決するため、従来よりも柔軟に拡張可能で、必要なリソースを必要な時に利用できる、プライベートクラウド型インフラの構築を検討していたという。CTCは今後、同社がグループ全体でこの環境を利用していくにあたり、同グループのIT戦略を積極的にサポートしていくという。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]