編集部からのお知らせ
解説:広がるエッジAIの動向
Check! ディープラーニングを振り返る

CTCSP、サーバ仮想化対応サービス提供--ノベルの「PlateSpin」シリーズ活用

富永恭子(ロビンソン)

2010-02-01 19:00

 シーティーシー・エスピー(CTCSP)とノベルは2月1日、OS混在環境下でのサーバ仮想化対応のサービス提供で協業することを発表した。「システム状況把握からプランニング」と「データ移行」、「データ保護」という3つのフェーズで協業する。

 それぞれノベルの仮想化関連製品「PlateSpin Workload Management」製品群の中から「PlateSpin Recon」と「PlateSpin Migrate」、「PlateSpin Protect」を組み合わせてユーザー企業のニーズにあわせた仮想化サービスを提供する。CTCSPのサービス「Smart Zero-One」に組み込む。

 PlateSpin Reconは、既存サーバ群のインベントリ情報とリソース使用状況を自動で収集分析して、物理マシンと仮想マシンの最適な統合プランを作成する。CTCSPはPlateSpin Reconを利用して「Smart Zero-One システム状況把握からプランニングサービス」を提供する。

 システム状況把握からプランニングサービスは、OSが混在する環境下でデータ収集や解析、プランニングを提供する。対応OSは、WindowsとLinux、Solaris。サーバの負荷状況や稼働状況などを収集して、OS混在環境下でのサーバ仮想化やオーバーヘッドを考慮したマイグレーションプランニングを提供する。価格は25万円から。

 PlateSpin Migrateは、独自の移行技術で物理マシンから仮想マシンへ(Physical to Virtual:P2V)、仮想マシンから物理マシンへ( Virtual to Physical:V2P)、サーバリプレース(Physical to Physical:P2P)、混在仮想化環境への移行(Virtual to Virtual:V2V)、それぞれの移行を実行する。WindowsやLinux、Solarisの主要OSとVMwareやXen、Hyper-Vといった主要仮想化ソフトに対応する。

 CTCSPが提供する「Smart Zero-One データ移行サービス」は、PlateSpin Migrateを利用し、P2VやP2P、V2Vに対応する。稼働中のサーバ移行も可能としている。価格は25万円から。

 PlateSpin Protectは、物理マシンや仮想化マシンの環境でデータ圧縮や暗号化に対応したデータバックアップを実施する。遠隔地への災害復旧(DR)が可能という。

 PlateSpin Protectを利用する、CTCSPの「Smart Zero-One データ保護サービス」は、仮想化環境下でローカルのデータを保護する。ファイルやメール、データベースなどに対応する。価格は20万円から。また、仮想化環境下でのDR関連サービスとして「DRコンサルティングサービスパック」と「DR導入サービスパック」も提供する。

 DRコンサルティングサービスパックは、ヒアリングやDR診断、設計、導入支援までで、価格は80万円から。DR導入サービスパックは、実装、運用確認、運用教育までを実施、価格は50万円から。二つのサービスパックは、災害時のシステム保全復旧環境を構築するためのサービスであり、ヒアリングによる要件定義から診断、設計、導入支援、実装、運用確認、運用教育までを含んでいる。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]