編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

ノベル、仮想化環境向けDR、バックアップ製品「PlateSpin Protect」の最新版を発表

ZDNet Japan Staff

2009-12-15 22:10

 ノベルは12月15日、ディザスタリカバリ、バックアップ製品の最新版「PlateSpin Protect(プレートスピン・プロテクト) 8.1」を発表した。同製品は、ノベルの仮想化ソリューション「PlateSpin Workload Management」製品群のひとつであり、仮想化環境を前提としている。

 PlateSpin Protectでは保護対象となる物理サーバと仮想サーバのワークロードのレプリカを仮想マシンに保持し、同期をとる。これにより、プロダクションサーバに障害が生じた場合、管理者は仮想マシンにあるレプリカを立ち上げて、プロダクト環境が回復するまでの間、稼動させることができる。保護するワークロードはバックアップイメージのため、OSやアプリケーションのライセンス費用は不要となり、待機OSやソフトウェアのライセンスコストのため高くなってしまうレプリケーションソフトウェアと比較して、費用対効果が高くなるという。また、物理サーバと仮想サーバとの差分データをレプリカに分単位から時間単位で同期できるため、テープバックアップと比較しても、確実で迅速なフェールオーバが実現できるという。

 あわせて、同製品では、障害発生時のフェールオーバに加え、V2P(Virtual to Physical)機能を利用したサーバのフェールバックも行える。元のサーバハードウェアが復旧した場合には、PlateSpin Protect内の仮想サーバから、停止中の差分情報とともにワークロードを元のサーバハードウェアに転送してリストアする。修理が不可能な場合には、同様のプロセスで別のサーバに転送し新たなプロダクションサーバとして機能させることもできる。

 そのほか、待機しているイメージを本番環境とは異なる仮想ネットワーク上に起動させて、実サーバに影響を与えずにテストを行える「リカバリテスト」機能や、メールやデータベースなど頻繁なトランザクションを実行するサーバに効果的なブロックレベルのバックアップ機能も備える。

 PlateSpin Protectは、サーバOSとしてWindows Server 2008および2003に対応。保護対象となるOSは、Windows Server 2008、2003、2000およびWindows Vista、XP Professional。待機マシン用のハイパーバイザとしては、VMware ESX 3.0、3.5、4.0、VMware ESXi 3i、4iに対応する。

 参考価格は、1〜74ライセンスおよび1年の標準メンテナンスサポート付き(ディスクブロック転送なし)の場合で約12万円。1〜49ライセンスおよび1年の標準メンテナンスサポート付き(ディスクブロック転送あり)の場合で約23万円(価格はいずれも税別)。

 同社では、PlateSpin Protectについて、初年度100社への販売を目標とする。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    AI導入に立ちはだかる「データ」「複雑さ」「コスト」「人材」の壁をどう乗り切ればいいのか?

  2. クラウドコンピューティング

    【IDC調査】2026年には75%のアプリがAIを実装!導入で遅れた企業はどう“逆転”すべきか?

  3. 運用管理

    経産省調査で明らかに:未だにレガシーシステムを抱える企業が8割!オープン化でよくある課題とは?

  4. 運用管理

    AWS東京リージョンの大規模障害に学ぶ、パブリッククラウド上のシステムの迅速な復旧方法

  5. windows-server

    【ユースケース】ソフトウェア開発にDell EMCインフラ+コンテナを使うメリット

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]