編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

神奈川の百貨店「さいか屋」がECサイト構築にクラウドサービスを活用

富永恭子(ロビンソン)

2010-08-16 20:05

 アイティフォーは8月16日、神奈川県の百貨店「さいか屋」からECサイト構築のクラウド版「ITFOReCクラウド版サービス」を受注したことを発表した。11月のお歳暮商戦から稼働を予定しているという。

 今回、さいか屋がクラウド導入にあたって重視したのはシステム連携機能だ。ECサイトとPOSシステム、ギフトシステム、ポイントシステムそれぞれとの連携が求められていた。今回、同クラウドサービスにこれらの連携をカスタマイズで盛り込んだことが評価されたとしている。

 具体的には、POS連携によりECサイトでの売上を基幹システムへ自動計上。また、ギフトシステム連携により受注した商品の物流を自動処理し、ポイントシステム連携で顧客の利便性を高めるという。

 主要な機能として、複数の送り主から複数の届け先に複数アイテムのギフト配送を1回の注文で発注できる「N対N対N対応機能」、また、最適な“のし”を選択できることに加え、「お歳暮」「粗品」「お礼」など各種の“のし”が混在した注文を1回で受け付けられる「のし制御機能」、自宅届け(自家消費)、自宅届け(二重包装)、先方届け、先方届け(二重包装)の4つの「配送・包装パターン」を実装しているという。

 ITFOReCクラウド版サービスの提供価格は、カスタマイズ無しの場合、初期費用500万円から、利用料は月額50万円からとなる。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]