編集部からのお知らせ
New! 記事まとめ「ISMAP-LIU」
話題の記事まとめ「通信障害と社会リスク」

アイティフォー、内部統制強化でパケットキャプチャ型DB監査アプライアンスを発売

ニューズフロント

2006-12-01 07:19

 アイティフォーは11月30日、米Guardiumのデータベース(DB)監査アプライアンスサーバ「SQL Guard」を販売開始した。価格は500万円から。

 2008年から施行される金融商品取引法(日本版SOX法)で求められる内部統制システムの構築に向け、アイティフォーは「企業システムの根幹となるDBへのアクセスを厳格に制限するとともに、アクセスログを証拠として残しておくことが不可欠」と指摘する。SQL Guardを利用すると、DBを監視することで内部統制を大幅に強化できるという。

 SQL Guardは、DB監査に必要なソフトを搭載したアプライアンスサーバ。DBをリアルタイムで監視してアクセス記録を残すとともに、不正アクセスの発生時には、アクセス拒否や管理者への警告メール送信を行う。1台で複数のDBサーバを集中管理できる。全世界で100社以上が導入しているという。

 通信パケットを取得してDBアクセスを監視するパケットキャプチャ型ツールであり、独立したハード上で作動するため、DBサーバに負荷をかけることなく運用できる。パケットキャプチャ型でありながら、ネットワークを介さないローカル環境からのDBアクセスであってもログ取得が可能。

 アイティフォーでは、SQL Guardを含め、内部統制構築ソリューションで初年度10億円の売り上げを目指す。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

関連記事

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    【講演資料】Sentinel運用デモ-- ログ収集から脅威の検知・対処まで画面を使って解説します

  2. セキュリティ

    SASEのすべてを1冊で理解、ユースケース、ネットワーキング機能、セキュリティ機能、10の利点

  3. ビジネスアプリケーション

    北海道庁、コロナワクチン接種の予約受付から結果登録まで一気通貫したワークフローを2週間で構築

  4. セキュリティ

    Sentinel運用デモ-- ログ収集から脅威の検知・対処まで画面を使って解説します

  5. セキュリティ

    セキュアなテレワーク推進に欠かせない「ゼロトラスト」、実装で重要な7項目と具体的な対処法

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]