編集部からのお知らせ
PDF Report at ZDNet:「ドローン活用」
「ニューノーマル」に関する新着記事一覧

アイティフォー、内部統制強化でパケットキャプチャ型DB監査アプライアンスを発売

ニューズフロント

2006-12-01 07:19

 アイティフォーは11月30日、米Guardiumのデータベース(DB)監査アプライアンスサーバ「SQL Guard」を販売開始した。価格は500万円から。

 2008年から施行される金融商品取引法(日本版SOX法)で求められる内部統制システムの構築に向け、アイティフォーは「企業システムの根幹となるDBへのアクセスを厳格に制限するとともに、アクセスログを証拠として残しておくことが不可欠」と指摘する。SQL Guardを利用すると、DBを監視することで内部統制を大幅に強化できるという。

 SQL Guardは、DB監査に必要なソフトを搭載したアプライアンスサーバ。DBをリアルタイムで監視してアクセス記録を残すとともに、不正アクセスの発生時には、アクセス拒否や管理者への警告メール送信を行う。1台で複数のDBサーバを集中管理できる。全世界で100社以上が導入しているという。

 通信パケットを取得してDBアクセスを監視するパケットキャプチャ型ツールであり、独立したハード上で作動するため、DBサーバに負荷をかけることなく運用できる。パケットキャプチャ型でありながら、ネットワークを介さないローカル環境からのDBアクセスであってもログ取得が可能。

 アイティフォーでは、SQL Guardを含め、内部統制構築ソリューションで初年度10億円の売り上げを目指す。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

関連記事

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    AWSが提唱する、モダン分析プラットフォームのアーキテクチャと構築手法

  2. クラウドコンピューティング

    AWS資料、ジョブに特化した目的別データベースを選定するためのガイド

  3. ビジネスアプリケーション

    進化を遂げるパーソナライゼーション、企業に求められる変革とは

  4. クラウド基盤

    【事例】機器の老朽化・陳腐化、ストレージ運用の属人化…複数課題を一気に解決したカプコン

  5. セキュリティ

    「日経225銘柄」企業の現状から読み解く、インターネットアクセスにおける業種別の弱点とは?

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]