マカフィーに聞くセキュリティSaaSの勘所 - (page 2)

田中好伸(編集部) 吉澤亨史

2010-09-24 14:00

パフォーマンスやスケーラビリティをSaaSへ

 2010年秋以降に登場予定の新版では、新機能としてカテゴリベースのウェブフィルタリングを搭載する。以前からレピュテーションベースでのフィルタリングは提供していたが、カテゴリベースでもリンク先の危険度を表示する。

 またマカフィー独自のレピュテーション技術である「アルテミス」で定義ファイル提供のタイムラグでのゼロデイ攻撃に対応する。具体的には、「疑わしい動きをするファイルを検知した場合にフィンガープリントによる特徴をMcAfee Labsのデータベースと照合、ワクチンが作成中であるかどうかを確認し、対応中のものは危険なファイルとして動作を止める」(桐谷氏)。

 さらにTPSでは、ファイルやウェブ、IPの3種類のレピュテーション機能も搭載する。マカフィーではウェブへのレピュテーションを2006年から、ファイルレピュテーションを2008年から製品に盛り込んでおり、IPレピュテーションはMcAfeeが買収したSecure Computingが2004年頃から実用化している。これらのデータベースの蓄積は「マカフィー製品の大きな強み」(市橋氏)となっているという。ベースにマカフィー独自の「Global Threat Intelligence(GTI)」技術があることも大きい。

 このほか、中小企業など1〜2台のサーバを置いているような場合に、サーバを定期的にスキャンして危険度をメールで通知する「脆弱性診断」、グローバルなセキュリティ基準「PCI DSS」に対応したレポーティングを行う「PCIコンプライアンス」を提供する「Vulnerability Assessment」も用意されている。

 さらに、一定のセキュリティ基準を満たすサイトにトラストマーク「マカフィーセキュアマーク」を発行する。特に海外ではオンラインショッピングモールのようなマーケットポータルがないため、自社のECサイトの安全性をアピールできる。「実際にマークを貼ることで売り上げが10%伸びたケースもある」(桐谷氏)という。ホスティングサービスのオプションとしても有効としている。

 ウェブベースの管理画面では、クライアントPCの定義ファイルの実施状況やブラウザ保護機能の適用状況、ファイアウォールの状況などを一元的に把握することができ、円グラフによる表示やリストアップなどのドリルダウンも可能だ。クライアントPCのグループ化やテンプレート化されたポリシーなどによって運用管理も容易になる。

 TPSは現在、「国内90万、世界500万のユーザーがおり、6000クライアントの事例もある」(市橋氏)。TPSの導入によって、50%のコストダウンを実現した企業も存在すると説明。このパフォーマンスやスケーラビリティをSaaSに拡大しつつ、サーバへも軸足を伸ばしていく考えだ。

 ただし、マカフィーではすべてSaaSに移行していくわけではなく、SaaSとオンプレミス双方の良さを提供していくとしており、そのためにSaaSのポートフォリオをしっかりと構築する狙いがあるとしている。「今後もメールやアーカイビング、事業継続性などのソリューションも提供していき、ポートフォリオを充実させていく」(桐谷氏)方針だ。

 SaaSとオンプレミスのハイブリッドというソリューションも将来的に想定はあるが、現時点ではロードマップが存在しないという。ただし、「そういう方向へ進んでいくことは間違いないだろう」(市橋氏)としている。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. ビジネスアプリケーション

    【マンガ解説】まだ間に合う、失敗しない「電子帳簿保存法」「インボイス制度」への対応方法

  2. ビジネスアプリケーション

    きちんと理解できていますか?いまさら聞けないインボイス制度の教科書

  3. 運用管理

    AWS、GCP、Azureを中心としたクラウドネイティブ環境における5つのセキュリティ強化策

  4. セキュリティ

    マンガでわかる―Webサイトからの情報搾取を狙うサイバー攻撃「SQLインジェクション」、どう防ぐ?

  5. セキュリティ

    緊急事態発生時にセキュリティを維持するための8つの戦略と危機管理計画チェックリスト

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]