編集部からのお知らせ
Pick up! ローコード開発の行方
「これからの企業IT」の記事はこちら

エクシード、クラウド型サーバ「Libra」に5つの新機能を追加

藤井涼(編集部)

2010-11-17 13:07

 エクシードは11月16日、同社のクラウド型サーバサービス「Libra(ライブラ)」に5つの新機能を追加すると発表した。2011年1月より順次利用可能になる予定。

 Libraは、必要な時に必要な分だけ仮想サーバを構築できるサービス。サーバ環境を構成するテンプレートを選択後に名前と説明文を入力し、割当リソースを設定するだけでサーバを構築できる。2010年10月のサービス開始から約50社に導入されており、キャンペーンなど期間限定のウェブサイトを中心に利用されているという。

 エクシードでは、ソーシャルゲームアプリやECサイトで利用の要望が高まっていることから、今後Libraに以下の新機能を追加する。

Libraの5つの新機能

  • 従来の仮想化ソフト「3Tera AppLogic」に加え、「VMWare」対応のテンプレートを追加。
  • VLAN(仮想LAN)を作成、選択できる機能を追加。複数の仮想サーバ間をセキュアに接続できる。
  • 遠隔地にあるデータセンターにおける仮想サーバのVPN接続をサポート。多拠点の仮想サーバ構成を簡単な操作で構築できる。
  • Libraサービスを構成する内部APIをオープンソース化。
  • 各種アプライアンスをLibra上でテンプレートとして提供。ウェブ解析ソリューション「RTmetrics」(オーリック・システムズ)やウェブサイト変換ソフト「ELIXIR」(ノイアンドコンピューティング)を月額数千円から利用できる。

 エクシード代表取締役社長の鈴木義則氏は、新機能により顧客がハイパーバイザーの種類や、データセンターの場所を意識せずにLibraを使えるようになると説明し、Libraをオープンソース化と有償ソフトのプラットフォームにしていく意向を示した。

  • エクシード代表取締役社長の鈴木義則氏

  • 「Libra」トップページ

  • データセンター間の仮想サーバ接続画面

 今後は、2011年1月にVMWareに対応し、2月に有償ソフトの取り扱いを開始、3月に仮想マシン間のVPN接続を開始する予定。価格は1ユニットあたり月額6000円から。1ユニットは、CPU 0.2core(AppLogicでは小数点以下の単位で割り当てが可能)、メモリ512Mバイト。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    社員の生産性を約2倍まで向上、注目の企業事例から学ぶDX成功のポイント

  2. コミュニケーション

    真の顧客理解でCX向上を実現、いまさら聞けない「データドリブンマーケティング」入門

  3. クラウドコンピューティング

    家庭向けIoT製品の普及とともに拡大するセキュリティとプライバシー問題─解決策を知ろう

  4. クラウドコンピューティング

    クラウドの障害対策を徹底解説!4つの方法とメリット、デメリット

  5. セキュリティ

    サイバー犯罪の標的となるMicrosoft製品、2019年に悪用された脆弱性リストからの考察

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]