編集部からのお知らせ
SNS分析のトレンドまとめ
注目「Googleのクラウド事業を読み解く」

オラクル、アプリテストの新製品「Application Testing Suite 9.2」発表

富永恭子(ロビンソン)

2010-11-29 14:36

 日本オラクルは11月29日、アプリケーションテストの新製品「Oracle Application Testing Suite 9.2」の最新版を発表した。

 Oracle Application Testing Suiteは、「Oracle Enterprise Manager」の「Application Quality Management」製品群の主要コンポーネント。負荷テストや機能テスト、テスト管理が主要機能だ。

 Application Testing Suite 9.2では、「Oracle Database」「Oracle Application Development Framework」、そしてAdobe Flexベースのアプリケーションを対象に、機能テストと負荷テストの自動化を拡張した。また、統合運用管理ツール「Oracle Enterprise Manager」の「Oracle Real User Experience Insight」「Oracle Real Application Testing」「Oracle Database Diagnostics Pack」との統合も拡大した。

 最新版では、これらの統合と拡張によってテストプロセスの強化を図った。Oracle Database向けには、「Database Replay」の取得ファイルから実際のデータベーストランザクションをインポートし、テストスクリプトを作成することが可能になった。また、「Oracle E-Business Suite Release 12」「Oracle E-Business Suite Release 11i」のアプリケーションでは、テスト向けに機能テストと負荷テストのサンプルスクリプトを提供する。加えてOracle Application Development Framework、Adobe Flex、ウェブサービスを使用して構築したリッチインターネットアプリケーション(RIA)を含むアプリケーションへの対応も強化、ユーザーにカスタムアプリケーションおよびオラクルのアプリケーションパッケージ双方に対する品質の確保を実現するとしている。

 そのほか、Oracle Real User Experience Insightを活用することで、ユーザーセッションの記録からスクリプトを作成し、負荷テストでパフォーマンスのボトルネックを詳細に特定することが可能になった。

 Oracle Application Testing Suite 9.2の最小構成価格は、最小1プロセッサの「Load Testing Controller」が79万8945円から。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    マンガで解説、移行済みの担当者にも役立つ! Windows10移行&運用ガイド

  2. クラウドコンピューティング

    カギは物理世界とクラウドの接続あり!成果が出やすいIoT活用のアプローチを知る

  3. クラウドコンピューティング

    IoTにはこれだけのサイバー攻撃リスクが!まずはベストプラクティスの習得を

  4. セキュリティ

    エンドポイントの脅威対策をワンストップで提供 現場の負荷を軽減する運用サービス活用のススメ

  5. クラウドコンピューティング

    家庭向けIoT製品の普及とともに拡大するセキュリティとプライバシー問題─解決策を知ろう

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]