NEC、地図ソフトを中国で販売へ--都市計画などの需要高まりを受けて

富永恭子(ロビンソン)

2010-11-29 14:59

 NECと中国の日電有限公司は11月29日、地図作成を支援するソフト「RealScape」の中国市場での販売を開始することを発表した。NECは現在、衛星画像処理の開発にも取り組んでおり、年内には衛星画像を利用した広範囲かつ高速な地図作成の自動化を実現したい考えだ。

 RealScapeは、航空写真の画素を高速処理することで、土地や建物の精密な高さを求めるソフトウェア。このデータを活用することで建物の輪郭を自動的に取得することが可能になり、従来の目視や手作業を中心とした地図作成作業と比較して作業時間を約30%短縮することができるという。また、一個所の異なる時期の航空写真を処理することで、自動的に経年変化個所を抽出することも可能になり、土地利用の変化や災害の被災個所を正確に把握することができるとしている。

 中国では、近年の経済発展に伴い道路や建物の建設が急増し、都市計画に必要となる精密な地図の需要が高まっているという。また、四川省や青海省では大地震による甚大な被害を受けたことから、防災計画に必要な国土全体の精度の高い地図作成が急務となっている。さらに、自動車の急増によるカーナビの普及など、民間による地図利用も増加しているという。

 NECでは、日本の国土地理院に相当する国家測絵局や国土資源関連部署などの公共機関、カーナビメーカーなどの民間企業に「RealScape」を拡販し、今後3年間で100社への販売を目指す。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

所属する組織のデータ活用状況はどの段階にありますか?

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]