編集部からのお知らせ
「ZDNet Japan Summit」参加登録受付中! 
新着記事集:「負荷分散」

MasterCardサイトにDDoS攻撃--WikiLeaksへの支払い停止で

文:Lance Whitney(Special to CNET News) 翻訳校正:緒方亮、長谷睦

2010-12-09 12:50

 BBCをはじめとする各メディアの報道によると、WikiLeaksを支持する複数の活動家によって米国時間12月8日、クレジットカード会社MasterCardのウェブサイトが陥落したという。

 「Anonymous」(匿名)を名乗るハッカーグループが、MasterCardサイトへの分散型サービス拒否(Distributed Denial of Service:DDoS)攻撃について、犯行を認めている。これはMasterCardがWikiLeaksへの寄付と支払いを6日に停止したことへの報復で、米CNETはこのMasterCardの決定を最初に報じていた。

 MasterCardのメインサイトは8日午前、オフライン、あるいは読み込みが極端に遅い状態になった。またサイトへのping要求もタイムアウトになったが、これはサイトが接続不能だったことを示すものだ。

 8日早朝、AnonymousはTwitterアカウント「Anon_Operation」(現在は凍結中)に以下の内容の声明をツイートした。

 「http://www.mastercard.com/がダウンしていることが確認されたと、喜んで報告する」

 BBCの報道によれば、MasterCard側は、サイトは今でも稼働しており、社外向けの企業サイトの部分でトラフィックが多くなっているだけだと主張しているという。またBBCは続報で、顧客が決済にクレジットカードを利用する機能については「影響がない」とのMasterCardのコメントを伝えている。

 MasterCardを標的とする攻撃の前には、PayPalなどに対し、WikiLeaksに対抗する行動に反発したAnonymousによる攻撃が行われていた。

 PayPalは3日、WikiLeaksへ寄付金が流れるのを防ぐため、WikiLeaksのPayPalアカウントを削除すると発表した。これを受け、Anonymousは支払いの停止が発表されたPayPalのブログにDDoS攻撃を行った。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    Google Cloudセキュリティ基盤ガイド、設計から運用までのポイントを網羅

  2. セキュリティ

    仮想化・自動化を活用して次世代データセンターを構築したJR東日本情報システム

  3. ビジネスアプリケーション

    スモールスタート思考で業務を改善! 「社内DX」推進のためのキホンを知る

  4. セキュリティ

    Emotetへの感染を導く攻撃メールが多数報告!侵入を前提に対応するEDRの導入が有力な解決策に

  5. セキュリティ

    偽装ウイルスを見抜けず水際対策の重要性を痛感!竹中工務店が実施した2万台のPCを守る方法とは

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]