パラレルス、クラウドサービスプロバイダ向けブループリントを無償提供

吉澤亨史

2011-01-28 11:15

 パラレルスは1月27日、サービスプロバイダがクラウドサービスを迅速に立ち上げ、高い収益力を実現するための「パラレルス クラウドサービス事業者のためのブループリント」とそのホワイトペーパーの日本語版を無償で提供すると発表した。同社が培ってきた経験に基づいて作成されている。

 クラウドサービスの成長にともなってサービスプロバイダ間の競争が激化しており、適切で収益性の高いクラウドサービスを提供するための指針となる戦略を策定する必要性が高まっていることを受け、無償提供に至ったという。今回のブループリントは、競争の激しいクラウドサービス分野でサービスを迅速に立ち上げて優位性を確保し、収益性の高いサービスを構築するためのロードマップになるとしている。

 具体的には、プロビジョニング、インフラ管理、サービス統合などのクラウドサービス提供プラットフォーム全般で考慮すべき事項を明らかにしている。加えて、クラウドサービスを支える多種多様なコンポーネントやテクノロジープラットフォームの管理方法、セルフサービス機能の重要性、課金ビジネスモデル(従量制またはユーザベース)の導入などについても説明している。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. ビジネスアプリケーション

    【マンガ解説】まだ間に合う、失敗しない「電子帳簿保存法」「インボイス制度」への対応方法

  2. セキュリティ

    企業のDX推進を支えるセキュリティ・ゼロトラスト移行への現実解「ゼロトラスト・エッジ」戦略とは

  3. 経営

    2023年データとテクノロジーはどう変わるか 分析プラットフォームベンダーが明かす予測と企業戦略

  4. セキュリティ

    リモートワークで浮き彫りとなった「従来型VPN」、課題解決とゼロトラスト移行を実現する最適解

  5. セキュリティ

    第2世代EDRはココが違う 「自動化」でエンドポイントセキュリティの運用負荷・コストを削減

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]