編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

米シマンテック、企業向けエンドポイントセキュリティソフトのベータ版

吉澤亨史

2011-02-21 14:18

 米Symantecは2月18日、企業向けエンドポイントセキュリティソフトウェアの新版となる「Symantec Endpoint Protection 12」と中小企業向けに特化した「Symantec Endpoint Protection Small Business Edition」のベータ版を発表した。

 クラウドベースの評価技術である「Insight」を搭載したSymantec Endpoint Protection 12は、レピュテーションに対応するセキュリティエンジンによって従来型のセキュリティソリューションでは見逃してしまう、新しい未知の脅威を遮断できるという。また、世界初のハイブリッド動作評価エンジンである「SONAR 3」と評価の共同プロファイルに基づいて、ゼロデイ型やターゲット攻撃型の脅威を遮断する。クラウドベースのコミュニティインテリジェンスを利用することでウイルススキャンのオーバーヘッドを約70%低減するほか、仮想システムに性能が最適化されているという。

 Symantec Endpoint Protection Small Business Editionは、InsightとSONAR 3を利用して大企業並みの脅威検出技術と性能向上を実現するとともに、インストールウィザード、事前設定済みのポリシー設定、通知やレポートの自動化など、中小企業向けに使いやすい機能を提供しているという。現在、Symantec Endpoint Protection 12は招待者向けベータ版の段階にあり、パブリックベータは2011年4月に入手可能の予定。新版のリリースは2011年後半を予定している。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]