編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

三菱東京UFJ銀行システム部がドリーム・アーツの文書管理システムを導入

ZDNet Japan Staff

2011-02-22 13:59

 三菱東京UFJ銀行のシステム部は、文書管理システムにドリーム・アーツのエンタープライズウェブデータベース「ひびきSm@rtDB」(以下、ひびきスマートDB)を導入した。

 システムの提案、導入、構築は伊藤忠テクノソリューションズが担当し、2010年12月よりシステム部の一部にて200万文書の管理を開始している。今後、段階的に旧システムから移行し、利用範囲を拡大する予定という。

 三菱東京UFJ銀行 システム部では、大量の業務文書を保有しており、これらの管理に独自開発の文書管理システムを利用していた。このシステムの更改期限を期に、検索速度の向上も見据えたシステムの刷新を検討していたという。

 自社開発も含めた各種ソリューションを比較検討した結果、同部は新文書管理システムとして、ひびきスマートDBの導入を決定した。文書のライフサイクルに合わせた統制、管理を可能にする機能を標準装備するほか、業務の要件に応じたレベルでのセキュリティ管理、強力な検索、表示機能により、文書へのアクセスが容易な点などが評価されたという。

 同部では現在、新文書管理システムの導入と合わせて、業務支援チームが中心となって文書管理の運用ルール更改と既存文書の棚卸しに取り組んでいるが、ひびきスマートDBの持つ登録フォームや申請プロセスなどでの文書の保管、公開ルールの設定機能では、運用ルールの定着も支援できるとしている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]