「運用管理システムの運用管理」に追われないために--製品選定のポイント

岩上 由高 (ノークリサーチ) 2011年03月10日 11時30分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 大企業ではプライベートクラウド活用などに伴い、IT運用管理への注目度が再び高まっている。

 仮想化環境は物理環境のみの状況と比べれば複雑さが増すため、プール化されたITリソースを効率的に活用するにはプロビジョニングやデプロイメントの作業を標準化、自動化することも必要だ。その際には運用管理システムが重要な役割を果たす。

 一方で、中堅中小企業においても運用管理システムは注目すべきカテゴリだ。

 2010年はWindows 7登場に伴うPCリプレースが盛んになり、それを契機としてPC運用管理を見直す取り組みが今年も継続している。データ量が少ないにも関わらず乱立してしまったファイルサーバをどう管理するかといった課題もある。USBメモリ、メール添付、ファイル共有、印刷など、さまざまな経路が存在する情報漏えいも頭の痛い問題だ。

 中堅中小企業は大企業と比べてITリソースの規模は小さいが、抱えているIT運用管理の課題は数多い。それを解決する手段として運用管理システムへの関心が高まっているのだ。しかし、間違った運用管理システムを導入すれば、逆に負担を増大させることにもなりかねない。

 そこで、本稿では中堅中小企業におけるIT運用管理の実態と課題を俯瞰し、解決へとつながる運用管理システム選択のポイントを探っていく。

中堅中小企業におけるIT運用管理の現状

 まず中堅中小企業におけるIT運用管理の現状を確認しておこう。以下のグラフは年商500億円未満の中堅中小企業1000社に対して「IT運用管理に携わる人員規模」をたずねた結果である。

 何らかのかたちでIT運用管理を担う役割が設けられた状態が多くを占めるのは、年商50億円以上のユーザー企業層であることがわかる。年商5億円以上~50億円未満であれば、各種の業務システムが少なからず導入されている年商帯だ。にもかかわらず、IT運用管理を担当する社員が決まっていないと回答するユーザー企業が30%存在しているのである。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連キーワード
運用管理 運用管理ソフト

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
展望2017
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
より賢く活用するためのOSS最新動向
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算