編集部からのお知らせ
SNS分析のトレンドまとめ
注目「Googleのクラウド事業を読み解く」

NTT研究所、社内システムでPostgreSQLベースのRDBMS採用

田中好伸 (編集部)

2011-05-19 20:45

 NTT研究所の社内システムの一部にオープンソース(OSS)をベースにしたリレーショナルデータベース管理システム(RDBMS)「Postgres Plus Advanced Server(PPAS)」が5月から稼働している。従来UNIXで稼働していたシステムのハードウェアの老朽化やサポート期限切れに伴い、Linuxへの移行にあわせてデータベースもPPASに移行している。導入を担当したサイオステクノロジー(サイオス)が5月19日に発表した。

 Postgres Plusは、米EnterpriseDBが販売するRDBMS。PPASはOSSのRDBMS「PostgreSQL」にオラクル製品との互換性機能を拡張したもので、導入から運用、管理までのコストを抑えられるものとして注目を集めている。

 NTTでは、システムのコスト削減を進める手段としてOSSに着目して、OSSを積極的に活用するために「NTTオープンソースソフトウェアセンタ(OSSセンタ)」を設立するなど、グループ内企業へのOSS導入を推進している。NTT研究所の社内システムの一部を移行するにあたり、OSSセンタを中心に2009年7月から複数の移行パターンを検証する中で、PPASが選定され、2010年7月から開発をスタートさせている。

 PPASが採用された理由は、PostgreSQLと比較して、既存の商用データベースとの互換性が高く、移行コストを低く抑えられることが評価されたという。サイオスはOSSセンタの活動を2006年から技術面でサポートしており、データベース刷新にPPASを推進しているという。

 PPASを提供するEnterpriseDBは4月に日本法人エンタープライズDBを設立している。EnterpriseDBにはサイオスも出資している。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    マンガで解説、移行済みの担当者にも役立つ! Windows10移行&運用ガイド

  2. クラウドコンピューティング

    カギは物理世界とクラウドの接続あり!成果が出やすいIoT活用のアプローチを知る

  3. クラウドコンピューティング

    IoTにはこれだけのサイバー攻撃リスクが!まずはベストプラクティスの習得を

  4. セキュリティ

    エンドポイントの脅威対策をワンストップで提供 現場の負荷を軽減する運用サービス活用のススメ

  5. クラウドコンピューティング

    家庭向けIoT製品の普及とともに拡大するセキュリティとプライバシー問題─解決策を知ろう

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]