編集部からのお知らせ
解説:広がるエッジAIの動向
Check! ディープラーニングを振り返る

ミツワ化学、生産管理でERPSaaSを適用--海外生産拠点にも展開予定

富永恭子 (ロビンソン)

2011-06-22 19:36

 自動車のプラスチック部品メーカーであるミツワ化学は、生産管理業務に統合基幹業務システム(ERP)SaaS「EXPLANNER for SaaS(生産)」を採用し、2月から活用している。NECネクサソリューションズが6月22日に発表した。

 ミツワ化学は、カーオーディオやカーナビ、自動車部品に使われるプラスチック部品を、金型の製作から後工程にあたる塗装、組み立てまで一貫して提供できることを強みに、海外での事業も積極的に拡大しているという。

 EXPLANNERは、NECが開発したERPパッケージソフト。そのSaaS版であるEXPLANNER for SaaS(生産)は、生産計画、資材所要量計画(MRP)などの生産管理機能を拡充、原価管理の分析機能を強化できるという。NECネクサによればミツワ化学が第1号ユーザーとしている。

 ミツワ化学は、基幹システムの刷新にあたり、業務の標準化、運用負荷の軽減、海外拠点への対応、新機能への対応強化を目指してEXPLANNER for SaaS(生産)の採用を決定したという。2月から活用しているEXPLANNER for SaaS(生産)は、ミツワ化学の国内工場で受注から生産管理の業務へ適用され、現在、生産管理の効率化と運用負荷軽減が図られているとしている。

 EXPLANNER for SaaS(生産)は、サービス機能習得の後に業務プロセスを見直す「クイックスタートパック」という導入手法により、システム更改と同時に業務と運用ルールを標準化し、カスタマイズなしにサービスを利用できるという。これにより、導入時の負荷軽減と期間短縮が図れたとしている。

 ミツワ化学は、タイとフィリピンに生産拠点を構えており、2012年1月からの稼働を予定している。海外拠点で短期間でシステムを立ち上げられるほか、海外と日本で同一のシステムによる管理で、海外での生産状況を日本からもリアルに確認できるなど、海外への事業拡大の側面からも期待が大きいという。

 EXPLANNER for SaaS(生産)はクラウドであることから、ソフトウェア、基盤、ネットワーク、ハードウェアの運用管理業務は、すべて不正侵入対策や災害対策を施されたNECネクサのデータセンターで対応。非常時でもPCとネットワークさえ確保できれば、業務継続が可能だとしている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]