編集部からのお知らせ
新着PDF:商用5G活用を考える
テレワーク関連記事一覧はこちら

PCを強制スリープ、節電効果のグラフ化も--ユニアデックスのe節電ツール

ZDNet Japan Staff

2011-06-27 12:28

 ユニアデックスは6月27日、PCを強制的にスタンバイ状態にする「e節電ツール」の無償配布を開始した。PCを強制的にスリープさせるためのツールで、節電効果をグラフ化することで意識を高めることもできる。Windows XP、Vista、7の各32bit版で利用可能。

 Windowsの標準機能として提供されるスタンバイ機能は、ユーザーがスタンバイ状態に移行する時間を指定しても、内部の管理状態などの影響を受けて移行しないことがある。e節電ツールは、PCを強制的にスタンバイ状態に移行させるツール。移行のロスを削減することで、節電効果をより高めることが可能になるというわけだ。

 節電効果のグラフ化も特徴の一つで、複数ユーザーを集中管理することもできる。収集したデータをCSV出力することで、節電効果の取りまとめや集計などに活用できそうだ。

 e節電ツールはユニアデックス内の専用ページからダウンロードできる。利用可能期間は9月30日までだが、期間を過ぎても利用はできる。ただし、集計および表示機能は12月31日まで。

 ユニアデックスは、同社の運用管理ツール「クライアントPC LCMサービス Privateバージョン」用のプログラムを一部利用して、e節電ツール(無償版)を開発した。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]