国内メールセキュリティ市場:9.5%増の176億円、SaaS型は21%増

吉澤亨史 2011年07月14日 06時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 アイ・ティ・アール(ITR)によると、201年度の国内メール総合セキュリティ市場は前年比9.5%増の176億円になったという。形態別に見ると、パッケージソフトとアプライアンスは微増だが、SaaS型は前年比21.0%増と伸びて、80億円となっている。自社で導入、運用してきたシステムを、コスト削減のためにSaaSへ移行する企業が増えていることが背景にあるとしている。

 2010年度のベンダーシェアは、インターネットイニシアティブ(IIJ)がサービスメニューの豊富さと信頼性の高さから19.4%の高いシェアを維持し、2番手はシマンテック(旧メッセージラボ)が、3番手にはNTTPCコミュニケーションズが続いており、各社ともに2010年度は高い伸びを示している。

 同社のシニア・アナリストである舘野真人氏は、「メッセージングセキュリティは、メールに付随する脅威を水際で食い止めやすく、社内メールシステムの負担を軽減しやすいなどといった理由からSaaSへの期待が高い分野。サービスプロバイダーが複数ベンダーの製品を組み合わせてワンストップサービス化する動きが活発であることなどから、2010年度はSaaSの出荷金額がオンプレミスとほぼ並ぶ水準に達した。SaaSへの移行は2011年度以降も進むと見られる」とコメントしている。

 ITRはエンドポイントセキュリティに関連する国内市場規模と動向を調査し「ITR Market View:エンドポイント・セキュリティ市場2011」として発売した。マルウェア対策、ディスク暗号化、メール統合セキュリティ、ウェブメール、メールフィルタリング、スパム対策、メールアーカイブ、メール誤送信防止、クライアントDLPの9分野のソフトウェアとアプライアンスを対象に国内43ベンダーの製品を網羅している。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連ホワイトペーパー

連載

CIO
インシデントをもたらすヒューマンエラー
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
ざっくりわかるSNSマーケティング入門
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
より賢く活用するためのOSS最新動向
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算