編集部からのお知らせ
Pick up! ローコード開発の行方
「これからの企業IT」の記事はこちら
VMWorld

次世代のインフラ、プラットフォーム、EUCの姿とは?--VMworld 2011で見えた戦略

柴田克己

2011-09-15 17:59

 仮想化をベースとしたクラウドコンピューティングのテクノロジ、そしてコンシューマライゼーションが導く、次世代のITインフラの姿はどのようなものか――。ヴイエムウェアは9月15日に、8月末に米国で開催されたプライベートカンファレンス「VMworld 2011」での発表内容を説明した。

 ヴイエムウェア代表取締役社長の三木泰雄氏によれば、米国で開催されたVMworld 2011への来場者数は約1万9000人。「今年は日本から200人の参加者があった。この人数は昨年の倍にあたり、日本からの注目度も高まっていると感じた」と話す。

写真1 ヴイエムウェア代表取締役社長の三木泰雄氏

 VMwareではITの「インフラ」「プラットフォーム」「エンドユーザーコンピューティング(EUC)」の3つのレイヤについて、それぞれの基盤や運用管理をモダナイズ(現代化)していくために製品を強化し続けていくという戦略を示しており、VMworld 2011でも、その戦略に沿った新製品やパートナーシップの強化が発表された。

「ポストPC時代」の要はアプリケーション管理

 来日した米VMwareエンドユーザーコンピューティング担当副社長兼ゼネラルマネージャのChris Young氏は、主にEUCレイヤでの同社の戦略を説明した。

 Young氏はタブレットやスマートフォンなどの普及で、PC以外からへのシステムへのアクセスニーズが急増していることに言及。モバイルアプリの市場も拡大している点にも触れ「この状況はITプロにとってジレンマを生む」とした。

写真2 米VMwareエンドユーザーコンピューティング担当副社長兼ゼネラルマネージャのChris Young氏

 エンドユーザーがスマートフォンやタブレットなどの使い慣れた端末から企業システムにアクセスし、アプリケーションを使いたいと考えるコンシューマライゼーションの流れに対し、ITプロ、つまり企業のシステム部門は、いかにユーザーの要求に応えつつ、対応のためのコストを削減し、ユーザー環境を統制するかといった検討を行う必要に迫られる。

「エンタープライズでもWindows PCだけで仕事が済んだ時代は終わりを告げようとしている」(Young氏)

 デスクトップ仮想化ソフトウェアの新版として、帯域幅の削減や対応業務範囲の拡大を果たした「VMware View 5」、アプリケーション管理と配信のフレームワーク「VMware Horizon」、モバイル端末上で個人の環境とビジネス用の環境を切り分けてアプリケーションを配信/管理できる「Horizon Mobile」などは、こうした「ポストPC時代」におけるシステム管理のカギとなる製品群だ。

 今回、技術プレビューとして発表されたのは「Project AppBlast」そして「Project Octopus」の2つである。

 2012年にリリース予定のAppBlastは、HTML5をベースとした標準技術を用い、ブラウザから特定のアプリケーションにアクセスできるようにするもの。HTML5に対応したブラウザ環境をアプリケーションのフロントエンドとして利用できるようになるという。

 一方のOctopusは、あらゆる端末上で更新されるデータの同期と共有をセキュアに行うための仕組みだ。遠隔からの端末内データの消去やポリシーベースのアクセス管理、ログ監査といった統制のための機能も用意される。

「“ポストPC時代”のEUCプラットフォームを考える際には、これまでとは違う新しいアプローチが必要になる。VMwareのビジネス機会は、こうした状況での顧客のシステム管理をサポートするところにある」(Young氏)

(関連記事:ポストPC時代はもう始まっている--コンシューマライゼーション対応を加速するヴイエムウェア

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    社員の生産性を約2倍まで向上、注目の企業事例から学ぶDX成功のポイント

  2. コミュニケーション

    真の顧客理解でCX向上を実現、いまさら聞けない「データドリブンマーケティング」入門

  3. クラウドコンピューティング

    家庭向けIoT製品の普及とともに拡大するセキュリティとプライバシー問題─解決策を知ろう

  4. クラウドコンピューティング

    クラウドの障害対策を徹底解説!4つの方法とメリット、デメリット

  5. セキュリティ

    サイバー犯罪の標的となるMicrosoft製品、2019年に悪用された脆弱性リストからの考察

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]