VMWorld

次世代のインフラ、プラットフォーム、EUCの姿とは?--VMworld 2011で見えた戦略 - (page 2)

柴田克己

2011-09-15 17:59

仮想化のメリットを生かしたDB管理

 インフラ、プラットフォームのレイヤでVMworld 2011で発表された主な製品とサービスは、仮想環境での「Database as a Services」モデルの構築を可能にする「VMware vFabric Data Director」、グローバルなクラウドサービスを展開したいキャリア向けの「VMware vCloud Datacenter Global Connect」、仮想化されたリソースをハイブリッドクラウド上で柔軟に配備するための「VMware VCloud Connector 1.5」、vCloudパートナーのグローバルポータルとなる「vCloud.vmware.com」、障害復旧を目的としてデータの複製をクラウド上に保存しておく「Disaster Recovery to the Cloud」の5つだ。

写真3 ヴイエムウェア、ストラテジックアライアンス部長の名倉丈雄氏

 vFabric Data Directorについて、ヴイエムウェア、ストラテジックアライアンス部長の名倉丈雄氏は、クラウドへのアプリケーション展開で問題となりがちなデータベース層の運用管理を、仮想化インフラのメリットを生かして効率化するものであると説明する。vSphereのリソース管理機能と連動し、要求されたデータベース資源の自動割り当て、リソース使用率の最適化や運用管理コストの削減を実現できるという。リリースは2011年内が予定されている。

 vFabric Data Directorに対応したデータベースについては、既にPostgreSQLと完全な互換性を持つ「vFabric Postgres」の開発が進んでいるほか、Sybaseの対応も予定されているという。

「クラウドを前提としたITインフラにおいて、データベースをどこに配備し、どうアクセスするか。数の増殖を抑えつつ、どのように管理するかといった課題に応える製品となる」(名倉氏)

(関連記事:インフラは現代化され、アプリケーションも刷新すべき:ヴイエムウェア

Keep up with ZDNet Japan
ZDNet JapanはFacebookページTwitterRSSNewsletter(メールマガジン)でも情報を配信しています。現在閲覧中の記事は、画面下部の「Meebo Bar」を通じてソーシャルメディアで共有できます。東日本大震災の情報は、特設サイト「ZDNet Japan after 3.11」にまとめています。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

所属する組織のデータ活用状況はどの段階にありますか?

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]