編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

相次ぐDDoS、標的型攻撃--その目的と手法を知る

ZDNet Japan Staff

2011-09-20 11:55

【ラウンドアップ】

 特定の企業や公共機関を対象とした「標的型攻撃」が注目を集めている。情報システムに対する攻撃を受けると情報資産の流出が懸念されるばかりでなく、事業活動の信頼性にも影を落とすことが考えられる。

 特定のサービスの妨害を意図した攻撃は以前から存在し、DoS(サービス妨害攻撃)はその代表的な例だ。攻撃側のシステムを大規模化したDDoS(分散DoS)による被害が多数報じられるようになった。

 本稿では、こうした特定の企業や組織を対象としたサイバー攻撃ととりうる防護策を取り上げた記事を紹介する。

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]