Stuxnetは最も洗練されたマルウェア、模倣犯の可能性も:エフセキュア総括

吉澤亨史 2011年01月19日 20時15分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 エフセキュアは1月19日、「エフセキュア2010年度セキュリティ総括レポート」(PDF)と「エフセキュア2011年度セキュリティ予測レポート」(PDF)を発表した。

 2010年については、「WikileaksとDDos攻撃の容易性」「Stuxnet―ITセキュリティ史上最も重要なマルウェア」「サイバー犯罪検挙において最高の年」「未だに狙われているWindows XP」「モバイルセキュリティの進歩」をトピックとして挙げている。

 Wikileaksの台頭は大きな出来事だったが、その反対派と賛成派によるネット上での政略的な攻防は従来からある分散型サービス妨害(DDoS)攻撃であったが、その手法は簡略化され、個人でも参加が可能だったという。Stuxnetについては、おそらく過去10年間において最も重要で、“非常に洗練されたマルウェア”と位置付けている。Stuxnetは工場の制御システムに侵入してプログラムを書き換え、実際の社会に損害をもたらしサイバーサボタージュを現実のものにしたとしている。

 一方で2010年は、これまでで最も多くのサイバー犯罪が発生しただけでなく、同時にネット犯罪を犯して逮捕された人、有罪判決を受けた人の数が過去最高になった“素晴らしい年”であるとしている。特に「T.J. Maxx」など米大手小売りのシステムをハッキングし、何千万ものクレジットカード情報を盗んだAlbert Gonzalezは、20年の実刑という重い判決を受けているという。

 2011年については、「Stuxnetの模倣犯の出現」「AndroidとジェイルブレイクiPhoneを狙うモバイルマルウェアの増加」「Facebookスパムの世界的増加」を予想している。

 Stuxnetのコピーが出現するのは時間の問題であり、またAndroid端末を狙ったアプリケーションやソーシャルエンジニアリングに造詣の深い、個人のスペシャリストによる攻撃は一層激化し、“脱獄iPhone”を狙う脅威が複雑化、拡大するとみている。

 Facebookスパムでは、英語圏のFacebookユーザーが無視するようになったため、スパマーは新しい言語圏を狙うとしている。スパムのローカリゼーションを行うことで、新しい被害を生む可能性があると指摘している。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連キーワード
セキュリティ

関連ホワイトペーパー

連載

CIO
IT部門の苦悩
Rethink Internet:インターネット再考
インシデントをもたらすヒューマンエラー
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
ざっくりわかるSNSマーケティング入門
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
より賢く活用するためのOSS最新動向
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算