チェックポイント、新たなセキュリティ指標を提案--2つの新製品も発表

大河原克行 2011年08月23日 13時50分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 チェック・ポイント・ソフトウェア・テクノロジーズは8月23日、1Tbpsに対応する大規模環境向けセキュリティゲートウェイの新製品「CheckPoint 61000」と、ファイアウォールで最大100Gbps、IPSで最大21Gbpsのスループット性能を誇る「CheckPoint 21400」を発表した。

 このほかにも、ソフトウェアの最新版「CheckPoint R75.20」や、独自に策定したセキュリティパフォーマンス指標「SecurityPower」も説明している。

 CheckPoint 61000は、マルチコアアクセラレーション技術の採用により、単一のファイアウォールインスタンス使用時で最大200Gbps、将来的には1Tbpsを超えるファイアウォールスループットを実現するハイエンド製品。従来のPower-1 11000の12台分の性能だという。同時接続数7000万、毎秒あたりのセッション数60万をサポートし、ミッションクリティカルな要求にも対応することができる。チェックポイントの3D Securityビジョンをサポートしており、あらゆるSoftware Bladeを組み合わせて使用できるように最適化されているという。価格は個別対応。

 また、CheckPoint 21400は、従来製品の3倍のパフォーマンスを実現。「2Uのハードウェアとしては最高のパフォーマンスを達成しており、従来製品に比べて同じ金額で2倍のスループットを実現した」(チェック・ポイント・ソフトウェア・テクノロジーズ代表取締役社長 藤岡健氏)という。また電源やハードディスク、ファンのホットスワップに対応し、冗長化も実現。セキュリティ・アクセラレーション・カードの設計を刷新して、低遅延やトランザクション中心の環境におけるセキュリティ処理を最適化しているという。販売価格は1840万円(税抜価格)。アクセラレーションカードは、2012年度にオプションで提供する予定だという。

藤岡健氏 藤岡健氏

 チェック・ポイント・ソフトウェア・テクノロジーズ代表取締役社長の藤岡健氏は、「絶えず増加するトラフィック量、より巧妙化し増加の一途を辿るセキュリティの脅威に対応する一方、複数の最新セキュリティ機能が確実に動作するセキュリティデバイスが求められている。そのためには防御機能と処理性能を両立する必要がある。今回の製品によって、新たな制御技術を求める次世代のデータセンターやサービスプロバイダー、通信事業者に、ネットワークパフォーマンスとセキュリティの両立を提供できるようになる。来年度以降、さらなるハイエンドモデルやローエンドの投入も予定している」などとした。

 また、CheckPoint R75.20は、3D Securityビジョンに基づいて開発したもの。アプリケーション制御と統合化したURLフィルタリングによってユーザーのウェブアクセスをリアルタイムで細かく制御。さらにSSLのトラフィックに対する検査機能、社内データ漏洩防止を可能とするDLP(データ損失防止)機能を搭載。これにより次世代ファイアーウォールを強化できるとしている。

 今回の会見では、セキュリティパフォーマンス指標の「SecurityPower」についても説明があった。

 SecurityPowerは、実環境の複合トラフィックに基づくものであり、IPS推奨防御プロファイル、100種類のファイヤウォールのセキュリティルール、アドレス変換とログ記録、アップデート後のシグネチャデータベースなどにより測定。測定した結果は、SPU(SecurityPower Units)といった単位を使用する。

SecurityPowerは、典型的なポリシーを設定して測定される※クリックで拡大画像を表示 SecurityPowerは、典型的なポリシーを設定して測定される※クリックで拡大画像を表示

 ファイアウォールとIPSを有効にして400Mbpsのネットワークリンクを実現するには265SPUが必要であり、1000Mbpsのパフォーマンスを得るには1003SPUが必要だという。

 今回発表したCheckPoint 21400では2900SPU、CheckPoint 61000では1万4600SPUとなる。

CheckPoint 61000のSecurityPower※クリックで拡大画像を表示 CheckPoint 61000のSecurityPower※クリックで拡大画像を表示

 「従来から使用されているスループットは、限られた条件での測定値であり、運用環境におけるパフォーマンス指標としては実用的ではない。セキュリティアプライアンスの真のパワーを評価する新たな測定方法が求められている。自動車では馬力、電力ではボルトなどの単位があり、SecurityPowerは、それらと同様にセキュリティアプライアンスのパワーを測定できる総合的な指標になる。これにより、必要なセキュリティ性能や帯域などの要件を考慮した最適な導入設計が容易に策定できる」(藤岡氏)とした。

 SPUについては、今後広く公開する考えであり、近い将来にはSecurityPowerを使用して他社のアプライアンスも測定し、性能を比較できるようになるという。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連ホワイトペーパー

連載

CIO
シェアリングエコノミーの衝撃
デジタル“失敗学”
コンサルティング現場のカラクリ
Rethink Internet:インターネット再考
インシデントをもたらすヒューマンエラー
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
エンドポイントセキュリティの4つの「基礎」
企業セキュリティの歩き方
サイバーセキュリティ未来考
ネットワークセキュリティの要諦
セキュリティの論点
スペシャル
エンタープライズAIの隆盛
インシュアテックで変わる保険業界
顧客は勝手に育たない--MAツール導入の心得
「ひとり情シス」の本当のところ
ざっくり解決!SNS担当者お悩み相談室
生産性向上に効くビジネスITツール最前線
ざっくりわかるSNSマーケティング入門
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell Technologies World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
吉田行男「より賢く活用するためのOSS最新動向」
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
日本株展望
企業決算
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]