ベリサイン、証明シールが2012年4月から「ノートンセキュアドシール」に

2011-10-07 12:03

 日本ベリサインは10月7日、同社提供のSSLサーバ証明書や「VeriSign Trust Seal」で用いている「ベリサインシール」を2012年4月に「ノートンセキュアドシール」に変更すると発表した。名称とデザインを変更する。

 ベリサインシールは、ベリサインが発行したSSL証明書やVeriSign Trust Sealを購入した顧客組織のウェブサイトに掲出されるマークの総称。VeriSign Trust Sealは、サービスを申し込んだ組織の実在性を証明するほか、マルウェアスキャンでウェブサイトに問題が検出されなかったことを証明するサービス。

 変更の意図について同社は、多くの消費者に認知されている「ノートン」ブランドと証明書のマークを融合させることで、ウェブユーザーに従来以上の安心感を提供したいとしている。

 変更は世界で同時に実施される。利用者側の作業は発生しない。


画像提供:日本ベリサイン

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]