編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

国内コラボ市場は堅調に成長、震災の影響は限定的--IDC Japan

ZDNet Japan Staff

2011-10-24 13:18

 IDC Japanは10月24日、国内ユニファイドコミュニケーション/コラボレーション市場に関する調査結果と予測を発表した。2011年上半期の市場規模は、前年同期比2.1%増の991億3600万円だった。震災の影響は限定的で、堅調に成長していることが明らかになっている。

 IDCでは、2011年前半は東日本大震災の影響を考慮し、IT支出意欲の減退、電力供給不足による部材不足、生産および試験の遅れといった市場成長阻害要因から、一時的なマイナス成長を予測していた。しかし、9月までのベンダーおよびシステムインテグレーターを対象にした調査の結果、同市場での震災の影響は限定的であることが判明するとともに、特定セグメントでは事業継続性計画(BCP)対策の案件増加を背景に、堅調に成長していることが判明したという。

 IDCではこの調査結果から、2011年5月時点の前回予測(前年比2.1%減)を上方修正し、2011年の国内UC/コラボレーション市場は前年比0.8%増の1864億1000万円と予測。2011年下半期以降は復興需要やモバイル関連ソリューションの成長により、2010~2015年の年間平均成長率(CAGR)2.8%で成長し、2015年には2124億9900万円の規模になると予測している。

 IDC Japan ソフトウェア&セキュリティ リサーチマネージャーの眞鍋敬氏は、「ベンダー/通信事業者は、ユーザーが使いたい/利用頻度が高いUCシステムの提供にシフトすることが重要である。このために、モバイルデバイス市場の成長やBYOD(Bring Your Own Device)を活用して、ユーザーの利用機会を積極的に増加させるボトムアップ戦略がキーポイントとなる」とコメントしている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    コスト削減&拡張性も、堅牢なセキュリティ&規制も同時に手に入れる方法、教えます

  2. 経営

    サブスクビジネスのカギはCX! ITIL準拠のツールをこう使え

  3. クラウドコンピューティング

    “偽クラウド”のERP使っていませんか?多くの企業のITリーダーの生の声から学ぶ

  4. クラウドコンピューティング

    RPA本格展開のカギは?「RPA導入実態調査レポート」が示す活用の道筋

  5. セキュリティ

    RPA導入時に見落とされがちな“エンタープライズレベルのセキュリティ”を紐解く

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]