編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

富士通、ETERNUSブランドに最上位シリーズを追加--4.6PBの拡張性誇る

ZDNet Japan Staff

2011-11-01 20:14

 富士通は、ディスクアレイ製品の最上位ラインアップ「ETERNUS DX8000 series」に新モデル2機種を追加した。「ビッグデータ」のニーズが高まっていることを受け、今春アップデートしたミッドレンジとエントリークラスに続き最上位モデルも一新した。11月1日から世界各国で販売する。

 今回追加されたのは「ETERNUS DX8100 S2」と「ETERNUS DX8700 S2」の2モデル。世界最大クラスの記憶容量である4.6ペタバイトまでの拡張性と、従来比53%まで削減した省電力性が大きな特徴となっている。

 両モデルはスループット性能の向上を図っており、その性能は従来比で最大3倍に及ぶという。サーバとの接続インターフェース数は最大128で、新たに10Gbit/s FCoEと10Gbit/s iSCSIに対応した。また、複数サーバが接続される環境下で、サーバごとに必要な性能を確保するQoS機能を新たにサポートしている。

 「ETERNUS SF V15」と連携してストレージ自動階層制御機能も提供、管理コストの最適化を実現できるとしている。また、MAID(Massive Array of Idle Disks)技術を応用したエコモードを提供、ストレージ管理ソフトウェア「ETERNUS SF」をあわせて利用することで、エコモードの管理や消費電力、温度の監視も可能になる。

 両モデルは、モデル間でリモートでのデータ転送が可能なため、災害対策のためのバックアップなどにも有効だとしている。遠隔バックアップは、エントリー、ミッドレンジ、エンタープライズの各クラスで可能であることから、バックアップ用に下位機種を利用するといった方法も採用できる。

 価格は、ETERNUS DX8100 S2が2119万2000円(税別)から、ETERNUS DX8700 S2が3287万円(税別)から。それぞれ2012年1月31日に出荷を開始する。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    AI導入に立ちはだかる「データ」「複雑さ」「コスト」「人材」の壁をどう乗り切ればいいのか?

  2. クラウドコンピューティング

    【IDC調査】2026年には75%のアプリがAIを実装!導入で遅れた企業はどう“逆転”すべきか?

  3. 運用管理

    経産省調査で明らかに:未だにレガシーシステムを抱える企業が8割!オープン化でよくある課題とは?

  4. 運用管理

    AWS東京リージョンの大規模障害に学ぶ、パブリッククラウド上のシステムの迅速な復旧方法

  5. windows-server

    【ユースケース】ソフトウェア開発にDell EMCインフラ+コンテナを使うメリット

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]