特許庁の端末がトロイの木馬に感染--未公開情報の流出は確認されず

田中好伸 (編集部)

2012-02-07 12:43

 特許庁は2月7日、端末がトロイの木馬に感染していたことを発表した。特許出願などの未公開情報が外部に流出した事実は確認されていないと説明している。

 同庁は内閣官房情報セキュリティセンター(NISC)からの情報提供に基づいて庁内の端末約4000台を調査、2月4日に3台がトロイの木馬を含むウイルスに感染していることが判明した。2月5日にはすべての端末から駆除したという。

 現在日本でも危惧されている標的型攻撃の手口は、トロイの木馬などが端末に忍び込み、バックドアを形成し、外部のサーバから制御できる状態にするものといわれている。

ZDNet Japan セキュリティフォーラム開催
朝日インタラクティブは2月22日、都内で「ZDNet Japan セキュリティフォーラム 〜すぐに始めるサイバー攻撃対策〜」を開催します。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    量子コンピューターの実用化がもたらす脅威とは?既存の暗号資産を守る“4つのステップ”を徹底解説

  2. セキュリティ

    攻撃者がクラウドを標的にする仕組みとは? CrowdStrikeのレポートから考察する

  3. 経営

    「作って終わり」のマニュアルを「活用される」マニュアルにするためには?

  4. セキュリティ

    脱「PPAP」で考える、重要なファイルを安全に送付・共有する最適解とは?

  5. コミュニケーション

    Slack 導入事例集 2023:伊藤忠テクノソリューションズはいかに営業チームを1つにまとめたのか

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]