編集部からのお知らせ
Topic 本人認証の重要性
宇宙ビジネスの記事まとめダウンロード

経費管理SaaSのコンカー、「Concur Expence」提供開始--日本版独自の機能も

ZDNet Japan Staff

2012-02-13 16:53

 経費管理ソリューションをクラウドサービスとして提供するコンカーは2月13日、経費精算の運用管理サービス「Concur Expense」を同日から提供すると発表した。

 Concur Expenseの特長は、米国でのサービス内容に日本版独自の機能を付加した点にある。

 独自機能として、市販のFeliCa対応ICカードリーダーを利⽤することで、SuicaやPASMO、ICOCAなどに記録された交通機関の利⽤⽇、乗⾞区間、運賃などのデータを⾃動的にConcur Expenseの経費明細として取り込める機能がある。また、ジョルダンの「乗換案内」と連携、乗車区間を入力して経路を選択するだけで、運賃データを自動的にConcur Expenceに反映させることができるという。事前に定期券の利⽤区間を登録しておけば、当該区間を考慮した運賃を⾃動的に算出することも可能だ。

 これらの機能により、エンドユーザーはデータを手入力する必要がなくなるため、少額で件数が多い公共交通機関の経費精算を効率化できるとしている。また、Concur Expenceはデータの⼆重取り込みや改ざんを防ぐ機能も提供するため、正確かつ透明性の⾼い経理処理を実現することが可能だという。

 また、コンカーでは日本版サービスの開始にあたって、コンサルティングとサポート体制も整備した。

ZDNet Japanの取材に答える三村真宗社長(2012年1月31日、撮影:大河原克行)
ZDNet Japanの取材に答える三村真宗社長(2012年1月31日、撮影:大河原克行)

 本社のConcurは1993年に設立された米国の企業。2011年2月の日本法人設立にあたっては、米Salesforce.comのCEO(最高経営責任者)であるマーク・ベニオフ氏と、アレン・マイナー氏率いるサンブリッジが少数株主として名を連ね、話題となった。同年10月にはSAPジャパン創業メンバーの一人でもある三村真宗氏が社長に就任独自機能の開発の指揮を執っていた

 コンカーは現在、東京都内で初のプライベートカンファレンス「コンカー クラウドフォーラム 2012」を開催中。このカンファレンスのレポートは後日掲載する予定だ。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. ビジネスアプリケーション

    なぜ、2021年にすべてのマーケターが「行動経済学」を学ばねばならないのか?

  2. セキュリティ

    SIEMとEDRが担うべき正しい役割とは?企業のセキュリティ部門が認識しておくべき適切なツールの条件

  3. クラウドコンピューティング

    デザインシンキングによるAIと課題のマッチング!現場視点による真のデジタル改善実現へ

  4. 経営

    なぜ成長企業の経営者はバックオフィス効率化に取り組むのか?生産性を高めるための重要な仕組み

  5. 仮想化

    Microsoft 365を利用する企業が見逃す広大なホワイトスペースとは?

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]