編集部からのお知らせ
PickUp! オンラインストレージの進化と課題
HCIの記事をまとめた資料ダウンロード

NECとセブン-イレブン、電力を可視化する「インテリジェンス分電盤」開発

ZDNet Japan Staff

2012-03-06 13:11

 NECとセブン-イレブン・ジャパンが、店舗の電力を可視化する「インテリジェント分電盤」を共同で開発した。NECが3月6日に発表している。

 インテリジェント分電盤は、最大誤差3%以内の高精度で電力量を計測できる「スマートコントローラ」を内蔵。空調、冷凍室外機、調理器などの各種設備の電力量をリアルタイムに計測して可視化する。また、店舗内に設置したサーバや各種設備とのデータ通信インターフェースを搭載し、収集した電力データに基づいて省エネ対策を立案することも可能だとしている。

 同分電盤はセブン-イレブンの一部店舗に試験導入済み。今春以降、順次全国の新店へ導入していく計画だ。

インテリジェンス分電盤 インテリジェンス分電盤
※クリックで拡大画像を表示

 NECとセブン-イレブンは、これまでも店舗の電力使用量の可視化による業務の改善などについて共同で実証実験を実施してきた。インテリジェント分電盤は、これらの取り組みで得た経験やノウハウを活かして開発したものだという。

 NECでは今後、インテリジェント分電盤を製品化し、コンビニエンスストアだけでなく一般企業やデータセンター事業者にも拡販していく考えだ。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]