編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

NEC、モバイルデバイス管理をクラウドで提供--スマートデバイス管理サービス

ZDNet Japan Staff

2012-02-08 16:47

 NECは2月8日、モバイルデバイス管理の「スマートデバイス管理サービス」を発表した。既に出光興産がNTTドコモのスマートフォンの運用管理を目的として利用を開始している。同日より販売を開始する。

 スマートデバイス管理サービスは、業務でスマートフォンやタブレット端末を利用する際に、利用状況のチェックや、盗難および紛失時の情報漏えい防止、ソフトウェアの更新、リモートでのデータ削除など、端末管理のための機能をクラウドで提供する。グループ設定や、グループごとの管理者設定、グループ管理者の利用権限設定機能など、他部門にわたる利用にも対応できる。

 NECでは、管理者向けに24時間365日対応の専用サービスデスクを提供するほか、オプションとしてウイルス対策機能も用意。市販のセキュリティソフトを個別に導入する場合と異なり、スマートデバイス管理サービスで一元管理が実現する。

 価格は初期費用が30万円(税抜)、利用料金が300IDの場合で1IDあたり月額300円(税抜)。今後3年間で100社への提供を目指す。

  • サービスのイメージ(出典:NEC)

  • 料金メニュー(出典:NEC)

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]