編集部からのお知らせ
スタート直前の5Gをチェック!
PickUp! オンラインストレージの進化と課題

テクノス、インメモリソフト「SAP HANA」のハンズオンセンター開設

田中好伸 (編集部)

2012-03-21 14:02

 テクノスジャパンは3月21日、SAPジャパンのインメモリソフトウェア「SAP HANA」の実機環境を整えたハンズオンセンターを開設したと発表した。今後3年間で30社以上への導入を見込む。

 ハンズオンセンターでは、HANAの実行環境を実際に操作できるのが特徴。実際にシステムを触って処理速度の速さ、性能の高さ、管理の容易さを体験できるという。

 センターには、データソースとして統合基幹業務システム(ERP)パッケージ「SAP ERP」、データ連携を担う「SAP Landscape Transformation」や「SAP BusinessObjects Data Services」などHANAと連携するSAP製品も導入されている。HANA上でのデータモデリングとあわせて、HANAの機能や性能を十分に理解できる環境が構築されている。

 ハンズオンでは、稼働検証済みの製品を連携させて、SAP ERPへのデータ投入から、HANAとのデータ連携、クライアントPCからのデータ参照までを実際に操作する。HANAのデータロード、データ処理を体感できる。開発手法や運用などについて、既存のRDBMSと比べて大きな差異がないこと、SAP ERPやモバイルソリューションとの連携が実装でき、開発生産性でも優れていることを理解するのが目的としている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]