編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

日立とMS、クラウドで提携--Harmonious CloudとWindows Azureを連携

田中好伸 (編集部)

2012-04-13 12:47

 日立製作所と日本マイクロソフトは4月13日、クラウドサービス事業での提携を発表した。日立のクラウド「Harmonious Cloud」とマイクロソフトのPaaS「Windows Azure Platform」を連携させて、グローバル事業を展開するユーザー企業向けに提供する。

 Windowsベースの既存アプリケーションをWindows Azure Platformに移行できるというメリットを活用する。日立のクラウド基盤ソフトウェア「Cosminexus」を利用して海外拠点の増減に応じて、効率のいい業務環境の構築や拡張を目指す。

 日立の国内データセンターとマイクロソフトの世界各地域のデータセンターを連携させるハイブリッドクラウドを、日立の統合システム運用管理ソフトウェア「JP1」から運用管理する。

 重要な業務データは、日立が運営する国内データセンターに保管する。日立製ストレージを使用する。WAN高速化装置「日立WANアクセラレータ」で通信を高速化させ、Windows Azure PlatformのWAN接続機能「Azure Connect」を利用することで、安全なクラウド間連携が可能になるという。

 サポートについては、海外拠点の近くに窓口を設置する。両社でサポートを連携させることにより現地で障害切り分けや問い合わせなどに対する早期対応、日本国内のシステム管理者との連携を迅速に行えるようにしていく。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]