編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

NTT ComとMSがクラウドで提携へ--Azure用DC、事実上の国内展開へ

冨田秀継(編集部) 藤井涼(編集部)

2010-10-12 17:59

 日経新聞によると、NTTコミュニケーションズとマイクロソフト日本法人がクラウドコンピューティングで提携する。両社はCNET Japanの取材に対して提携の事実を認めており、近日中にも正式に発表する見込みだ。マイクロソフトでは、今後も積極的にWindows Azureのパートナーを拡大していくとコメントしている。

 Windows Azureを提供するデータセンターは国内に存在しないため、ユーザー企業は機密性の高いデータを国外のデータセンターに預けるリスクを考慮しなければならなかった。

 このようなサービス面の制約があるなかで、Microsoft本社は7月12日(米国時間)、クラウド分野で富士通と協業することを発表した。Windows Azure platformを利用して富士通ブランドのクラウドサービス「FJ-Azure」(仮称)をグローバルに提供する内容で、事実上、Windows Azure用のデータセンターを国内に設置する提携といえる。

 マイクロソフトではこうした施策を打つことで、機密情報の取り扱いに関する抵抗感を弱めたいという考えがある。今回のNTTコミュニケーションズとの提携も、この路線の延長線上にあると考えて良いだろう。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]