編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

ファーストサーバ障害:伊藤弁護士「賠償内容は長期ユーザーに救いか」

怒賀新也 (編集部)

2012-06-25 18:40

 レンタルサーバ事業者のファーストサーバが顧客のメールおよびウェブデータを消失した問題で、内田・鮫島法律事務所で、ITにかかわる業務を担当する伊藤雅浩弁護士に話を聞いた。現状、「対価の総額まで」としたファーストサーバの損害賠償規定に期間の定めがない点が、特に長期契約ユーザーにとっては多少の救いがあるとしている。

長期ユーザーは「まだまし」という状況


内田・鮫島法律事務所の伊藤弁護士。アクセンチュアなどでシステムインテグレーションを担当後、弁護士登録し、IT関連を担当している。

 今回の問題については、クラウドなどのサービスの潜在的なリスクとして認識されていたことが、ついに現実化してしまったという指摘に同意できる。現状、免責条項(35条4項)で「システムの不具合によるデータの破損・紛失に関して一切の責任を負わない」旨を規定しており、形式的に適用するとファーストサーバが責任を負わない可能性もある。

 現状は、ファーストサーバはこれまで顧客が支払った対価の総額を上限に、損害賠償に応じるとしており、長期契約者にとっては良い情報といえる(編註:契約期間が長い分だけファーストサーバに支払った金額が多くなると考えられるため)。だが、言い値で払うのか、あるいは詳細な被害額を証明するとなると、損害額の試算は非常に難しい。

 こうした事故は小規模なものは時々起きているが、影響範囲は特定のユーザーにとどまるものが多かった。今回は大規模だ。

 今後の影響については、バックアップをどうするかという問題にユーザーは改めて向き合う必要が出てくる。だが、アプリケーションなどのバックアップはファイルサーバほど手続きが簡単ではないという面もある。

 また、今回は日本の事業者だったが、もしこれが海外の事業者だとすると、情報公開などの問題も出てくる。ユーザー企業が、レンタルサーバに対して、自己防衛するしかないという認識を強めるかもしれない。

ファーストサーバ障害問題 関連記事

Keep up with ZDNet Japan
ZDNet JapanはFacebookページTwitterRSSNewsletter(メールマガジン)でも情報を配信しています。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    AI導入に立ちはだかる「データ」「複雑さ」「コスト」「人材」の壁をどう乗り切ればいいのか?

  2. クラウドコンピューティング

    【IDC調査】2026年には75%のアプリがAIを実装!導入で遅れた企業はどう“逆転”すべきか?

  3. 運用管理

    経産省調査で明らかに:未だにレガシーシステムを抱える企業が8割!オープン化でよくある課題とは?

  4. 運用管理

    AWS東京リージョンの大規模障害に学ぶ、パブリッククラウド上のシステムの迅速な復旧方法

  5. windows-server

    【ユースケース】ソフトウェア開発にDell EMCインフラ+コンテナを使うメリット

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]