編集部からのお知らせ
令和時代のCIOとは?
「ニューノーマルとIT」新着記事一覧

MS、「Windows Server 2012」のバージョンとライセンス体系を発表

Mary Jo Foley (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2012-07-06 09:19

 Microsoft関係者らは米国時間7月5日、「Windows Server 2012」には4つのバージョンが提供される予定であることを明らかにした。そのうち2つのバージョンは、顧客に対してプロセッサ単位でライセンス提供される予定である。

 4つのSKUは、「Foundation」(OEMのみに対して提供)「Essentials」「Standard」「Datacenter」である。Essentials SKUは中小企業向けで、25ユーザーまでに制限される。提供されるバージョンは、StandardおよびDatacenter SKUまでで、これまでの「Windows Server Enterprise SKU」はこの提供オプションセットから外れている。

MicrosoftによるWindows Server 2012の4つのエディションにおける新しいSKU/ライセンス一覧
MicrosoftによるWindows Server 2012の4つのエディションにおける新しいSKU/ライセンス一覧

 仮想マシン(VM)を専門とするMicrosoft Valuable Professional(MVP)で、アイルランドのValue Added DistributorであるMicroWarehouse Ltdにテクニカルセールスリードとして勤務するAidan Finn氏は、「『Server 2008 R2』には、SBS(Small Business Server)やHPC(High Performance Computing)を含めておよそ12ものSKUがあった。WS2012(Windows Server 2012)のSKUは4つである」と述べた(Finn氏は自身のブログにおける新しい投稿で、今回の変更点についてさらに詳しく記している)。

 Finn氏は、Standardはホスト内の2基のCPUに対応し、VOSE(仮想OS環境。そのホスト上のVMに1つのStandard版を無償でインストール可能)が1つから2つになり、「Datacenterのすべての機能と拡張性を含むようになっている」と説明した。同氏は、価格は少し高くなる予定だが、「いずれにしても仮想化は必要であり、VOSE権利の倍増によって価格の増分が相殺される」ため、それは気にならないと思うと述べた。

 Windows Server Datacenterはこれまで、1基のCPUに対するライセンスを最小で2ライセンス、VOSEは無制限というものだった。「これが、ホスト内の2基のCPUに対応し、VOSEは無制限というよりシンプルなSKUになった」とFinn氏は述べた。

 「今回の変更は、99.5%のユーザーにとって良いことである。全般的にシンプルになっており、『System Center 2012 Server Management License』(SML)のモデルに合致している」とFinn氏は述べた。

 Microsoftは、Windows Server 2012に関して、リリース候補(RC)版として知られる最新のパブリックテスト版を5月下旬に公開している。同製品が製造工程向けにリリースされるのは、Windows 8クライアントと同時期である7月もしくは8月と予測されている。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    セキュアなテレワークでビジネスを継続する「緊急時対応チェックリスト」

  2. クラウドコンピューティング

    ゼロトラストネットワークアクセス(ZTNA)を今すぐ採用すべき理由

  3. ビジネスアプリケーション

    今からでも遅くない、在宅勤務への本格移行を可能にする環境整備のポイント

  4. クラウド基盤

    アプリ開発者とIT管理者、両者のニーズを両立させるプラットフォームとは?

  5. ビジネスアプリケーション

    テレワークに立ちはだかる「紙・ハンコ」の壁を経費精算のペーパーレス化からはじめて乗り越える

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]