編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

HP、DWH向けリアルタイム分析DBソフト「Vertica」新版--Hadoopとの統合強化

田中好伸 (編集部)

2012-12-19 16:39

 日本ヒューレット・パッカード(HP)は12月19日、データウェアハウス(DWH)向けに特化したリアルタイム分析データベース(DB)ソフトウェアの新版「HP Vertica Analytics Platform 6.1」の販売を開始した。ソフトウェア事業部門にVertica事業本部を設立したことも発表している。

 VerticaはDBの列(カラム)ごとに処理するカラム指向のDBエンジンを搭載しており、ディスクI/Oとメモリ量を削減して、分析速度の向上を目指している。独自のデータ圧縮機能で既存のDWHに比べて50~90%のデータを圧縮でき、物理ストレージの容量削減にも貢献するという。

 シェアードナッシング方式での超並列アーキテクチャに対応するVerticaは、Linuxをインストールした業界標準のx86サーバを並列に接続するだけでリニアに性能を拡張できる。容量課金のライセンスモデルとなっており、ノードを追加してもライセンス料は発生しない。各サーバノードに最大2つの複製を保持でき、サーバノードがダウンした場合でも、継続してサービスを実行できる。

 Vertica Analytics Platform 6.1は、分析関数が強化され、性能も改善されているという。分散並列処理フレームワークの「Apache Hadoop」と統合では、Hadoop上のHDFS上に配置されたファイルを直接読みこめるようになっている。IaaS「Amazon Elastic Compute Cloud(EC2)」への配備も簡素化されている。

 DBのチューニングを自動化するツール「Database Designer」も提供される。対話形式の操作画面で、最適なデータ圧縮や列の並び替えなどが自動化され、検索を高速化できる。定型検索に最適なデータ配置を追加で作成でき、システム管理者の運用負荷を軽減できるという。

 1Tバイトまでの3ノードに限定して試用できるコミュニティ版はライセンスフリーも提供される。企業向けのエンタープライズ版の参考価格は、ロードする前のデータが1~10Tバイトで1Tバイトあたり882万円。今回は、スターターキットも提供される。最小構成価格は1048万9500円。スターターキットはブレードサーバ「HP BladeSystem c3000」とMicroStrategyのビジネスインテリジェンス(BI)ツールがバンドルされている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    AI導入に立ちはだかる「データ」「複雑さ」「コスト」「人材」の壁をどう乗り切ればいいのか?

  2. クラウドコンピューティング

    【IDC調査】2026年には75%のアプリがAIを実装!導入で遅れた企業はどう“逆転”すべきか?

  3. 運用管理

    経産省調査で明らかに:未だにレガシーシステムを抱える企業が8割!オープン化でよくある課題とは?

  4. 運用管理

    AWS東京リージョンの大規模障害に学ぶ、パブリッククラウド上のシステムの迅速な復旧方法

  5. windows-server

    【ユースケース】ソフトウェア開発にDell EMCインフラ+コンテナを使うメリット

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]