編集部からのお知らせ
解説:広がるエッジAIの動向
Check! ディープラーニングを振り返る

ソリトン、統合ログ分析専用機--ログを集約、分析して状況を把握

田中好伸 (編集部)

2013-01-31 16:21

 ソリトンシステムズは1月30日、統合ログ分析アプライアンス「NetAttest BigData」の販売を開始した。保守料込みの税別価格は348万円から。2月14日から出荷する。

 NetAttest BigDataは直観的な操作で必要な情報をグラフィカルに確認できるという。例えば「認証できない状況のユーザーIDを特定して原因を究明する」「未認可の端末からのアクセスの実態をハックして記録を保管し、内部統制の報告に利用」「さまざまな利用状況を把握することで、負荷分散を図るなど効率的なIT投資を計画する」といったことが可能になると説明している。

 分析できるログは、同社製品のネットワーク認証アプライアンスの「NetAttest EPS」、DHCP/DNSアプライアンスの「NetAttest D3」、ファイル共有アプライアンスの「FileZen」となっている。今後対応を拡充する予定としている。

 今回のアプライアンスでは、ソリトン独自のアプライアンス設計ノウハウと専用OS「NAOS(ネイオス)」を活用し、ログ分析システムに特価したハードウェアチューニングで最適な性能と信頼性を両立していると説明している。分析エンジンには「Splunk」を採用することで、高速なレスポンスとログの形式に依存しない拡張性が可能と説明。テラバイト級のログも分析でき、管理者の運用負担も軽減できるとメリットを強調している。

 システムの多様化や複雑化から、利用状況や通信データのログも高度化、拡大しており、そのログをセキュリティやコンプライアンスなどに活用するログ管理も注目されるようになっている。PCのログ管理は浸透しつつあるが、ネットワーク機器のログ管理は課題が多いとされている。

 ネットワーク機器のログ管理は、導入前に検討が必要なハードウェア選定やOSのセキュリティ対策、バックアップ運用の策定、運用開始時に発生する多数の初期設定やレポート設計、分析UIの操作学習といった課題だ。課題が多いために、導入を先送りしたり、導入はしても運用が回らずに、ログを有効に分析できていなかったりと説明している。今回のNetAttest BigDataは、そうした課題を解決し、簡単にログの集約と分析をするためと説明している。


NetAttest BigDataの画面例

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]