編集部からのお知らせ
「ZDNet Japan Summit」参加登録受付中! 
新着記事まとめ:DX推進、IT人材や内製化動向

EMCジャパン、統合ログ管理「RSA enVision 4.1」--サイバー攻撃対策にも

ZDNet Japan Staff

2012-01-30 18:08

 EMCジャパンは1月30日、セキュリティインシデント管理プラットフォームの最新版「RSA enVision 4.1」を同日より販売すると発表した。全シリーズで30〜50%値下げする価格改定も実施している。

 RSA enVision 4.1の特徴は、仮想化環境での運用を強化した点にある。VMware環境下の仮想マシン上で動作が可能になったことで、冗長化を容易に実現でき、仮想化環境での運用管理性が向上した。

 また、データの運用性も向上。enVisionが収集するログやイベントデータは専用データベースに保存されるが、このデータベースからイベントデータのエクスポートが容易になった。これにより、ユーザーは既存のレポーティングツールや分析システムにenVisionのイベントデータを取り込み、詳細なレポートの生成や高度な分析が可能になる。

 そのほか、データ取り出しのためのフィルタ機能を追加し、レポート生成のパフォーマンスが大幅に向上。一時ファイルに必要なディスク容量の大幅な削減が可能になったとしている。

 統合ログ管理アプライアンスのRSA enVisionは、管理下のログをリアルタイムに監視し、不正アクセスが疑われる異常状況を早期に発見したり、収集データを活用して法律や規制に対するコンプライアンスの証明を行うなどの対応を実現できる製品。一方で、ログの横断的かつ継続的なモニタリングによって、サイバー攻撃の早期発見や事後対応の迅速化へと用途が広がっているという。

 価格は、RSA enVision 4.1 ES-560が349万円(消費税および保守が別途必要、500 EPS、最大収集対象デバイス数100の場合)から。ES-560は従来680万円(消費税および保守別)だった。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]