編集部からのお知らせ
新着記事まとめ「6G始動?」
新着PDF:「2021年注目テクノロジー」

ADK、280システムのバックアップを統合--単一画面で一元管理

田中好伸 (編集部)

2013-02-21 16:24

 アサツー ディ・ケイ(ADK)は約280というシステムのバックアップシステムをデータ保護ソフトウェア「Symantec NetBackup」で統合している。シマンテックが2月21日に明らかにした。

 ADKは、基幹系やメール、ファイルサーバなど280のシステムを保有。新規構築や増強などを進めるうちにバックアップをはじめとするツール類や運用方法が多数混在する、複雑な環境となっていて、管理負荷が高まっていた。

 同社は2014年に本社移転を予定しており、全システムをデータセンターに移管する計画を立てている。この計画の中でサーバの仮想化を推進している。そうした背景から、仮想化技術によるシステム効率化、バックアップ一元化での運用効率向上とコスト削減が重要な課題となっていた。

 NetBackupにバックアップを統合したことで、280システムのバックアップ操作を単一画面から一元的に展開できるようになっているという。プライマリのバックアップをディスクベースで高速に取得し、システムとデータの可用性を高めるためにテープにバックアップする“D2D2T(Disk to Disk to Tape)”構成を採用している。

 D2D2T構成にしたことで、バックアップによるシステムへの影響を最小限にしながら、データを確実に保護できるようになっていると説明。加えて、災害復旧(DR)向けリカバリにも備えられるようにしている。重複排除機能を活用することで、バックアップの容量も軽減しているという。

図
※クリックすると拡大画像が見られます

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]