編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

「Windows Blue」正式名称、「Windows 8.1」に決定か

Mary Jo Foley (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2013-04-03 07:30

UPDATE Microsoft関係者らは、「Windows Blue」の正式名称を決定したようだ。筆者の情報筋の1人によると、正式名称は「Windows 8.1」になるという。

 Windows Blueという開発コード名で開発されているBlueのクライアント版は、「Windows 8」のアップデートであり、2013年8月ごろに製造工程向けにリリースされると見込まれている。筆者もブログに数回記したとおり、MicrosoftはBlueを「Windows 9」ではなく、Windows 8の流れを汲む1つとして位置づけようと計画している。

 TwitterユーザーのRoman L.氏(@AngelWZR)は米国時間4月2日午前、1週間前にリークしたものよりも新しいWindows Blueのビルドと見られるスクリーンショットへのリンクをツイートした。1週間前にリークしたのはbuild 9364で、今回のものは9375である。AngelWZRのスクリーンショットには、「Windows 8.1 Pro」というラベルが付けられている。このスクリーンショットは、Winforum.euから取得したものである。


 「エイプリルフールのジョークではおそらくないだろう」とAngelWZRはツイートしている。

 筆者のBlue関連の情報筋は、MicrosoftがWindows 8.1のアップデートをリリースする際のトップレベルブランド名は「Windows 8」になると述べている。Microsoftの「Windows Phone」関係者らが「Windows Phone 7.5」(開発コード名「Mango」)のリリースについて、「Windows Phone 7」ファミリの1つであると述べていたのと同じだ。

 筆者の情報筋は、Microsoftが「Windows RT」に対するBlueアップデートを「Windows RT 8.1」と名付ける計画だとも述べている。

 Windows 8とWindows RTの既存ユーザーに対し、MicrosoftがBlueへのアップデートを有料にするつもりかどうかについては不明である。

 Windows担当最高財務責任者(CFO)を務めるTami Reller氏などのMicrosoft幹部らは、MicrosoftがWindows 8をワンシーズン限りのものではないとみなしていると繰り返し述べてきた。Reller氏は、MicrosoftがWindows 8を「複数シーズンにわたって販売される」製品であると考えていると述べている。したがって、Blueが「Windows 9」ではなく「Windows 8.x」と名付けられるのは理にかなっている。

 Microsoftが本当にBlueの名称をWindows 8.5や8.7ではなくWindows 8.1にしたとすれば、今後数年間の間に毎年リリースされるWindowsクライアントの名称がWindows 8.Xになるとしても、筆者は驚かない。

 Microsoft関係者らはBlueについて、同社が次に提供する一連の製品群を指す開発コード名であることを認めた以外に、何もコメントしていない。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]