編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

日本マイクロソフト、Windows AzureのIaaSサービスを開始

三浦優子

2013-04-17 16:07

 日本マイクロソフトは、Windows Azureのインフラストラクチャサービスの提供を4月16日、22時から正式に開始した。

 これまでWindows AzureではPaaS、Office 365などを含むマイクロソフト自身が提供するアプリケーションサービスなどを提供してきた。

 今回、インフラストラクチャサービスの提供を正式に発表したことについて、日本マイクロソフト業務執行役員 最高技術責任者の加治佐俊一氏は「フルスタックのクラウドが全てそろった。企業はパブリッククラウド、プライベートクラウドの両方で自由にWindows Azureを利用できる」とクラウドのラインアップ整備による差別化をアピールした。

オンプレミス、パブリッククラウド、プライベートクラウド間を行き来する世界を

 今回提供を始めたインフラストラクチャサービスは、マイクロソフトが掲げる「Cloud OS」ビジョンに沿ったもの。Cloud OSではオンプレミス、パブリッククラウド、プライベートクラウド間を自由に行き来し利用する世界を標榜しているが、そのビジョンの実現に向け、IaaSが加わり、オンプレミスからPaaS、IaaSまでフルレンジでのラインアップを用意した。

シームレスなハイブリットクラウドを提供 シームレスなハイブリットクラウドを提供
※クリックすると拡大画像が見られます

 これまで提供してきたWindows Azureは、サービス提供マーケット80カ国以上、新規サインアップ数が1日あたり1000件、Windows Azure Active Directoryの認証リクエスト処理数は、Office 365で利用されていることもあって1日あたり7億件など、需要が急拡大している。

 提供が始まったインフラストラクチャサービスは、仮想マシンとしてWindows ServerとLinuxをサポートし、Hyper-V上の仮想マシンとしてイメージを転送して実行することや、ギャラリーのテンプレートから仮想マシンを構築することも可能。SLAは99.95%としている。

 具体的にサポートするOSは、Windows Server 2008 R2とWindows Server 2012の64ビット版、さらに各種Linuxディストリビューションだ。

 仮想ネットワークとして利用する場合は、Windows Azureのデータセンター内にユーザー定義の独自ネットワークを構築できる。オンプレミスネットワークとの間でインターネットVPN接続ができる。SLAは99.9%。

 リレーショナルデータベースや、Microsoft SharePoint Server など、大容量メモリを必要とするサーバアプリケーションを実行するためのサーバインスタンス「メモリ集中型インスタンス」は、1インスタンスあたり最大56GBのメモリを搭載できる。

 主な利用シナリオとして、(1) 既存サーバのクラウドへの移行、(2) オンプレミス環境とのシングルサインオンを実現し、データセンターをクラウドへ延長するハイブリッドクラウド、(3) グローバルデータセンターネットワークを活用するマイクロソフト製サーバ製品の展開、(4)テストおよび開発環境、などを想定している。

主な利用シナリオ 主な利用シナリオ
※クリックすると拡大画像が見られます

 利用料金を4月17日付けで値下げした。Linuxインスタンスを約25%値下げし、4.99円/時間に、クラウドサービス(PaaS)を約33%値下げし、6.65円/時間とした。

 加治佐氏は利用価格を抑えていると強調。新たなシステムを構築しやすい環境が整っていると話した。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    AI導入に立ちはだかる「データ」「複雑さ」「コスト」「人材」の壁をどう乗り切ればいいのか?

  2. クラウドコンピューティング

    【IDC調査】2026年には75%のアプリがAIを実装!導入で遅れた企業はどう“逆転”すべきか?

  3. 運用管理

    経産省調査で明らかに:未だにレガシーシステムを抱える企業が8割!オープン化でよくある課題とは?

  4. 運用管理

    AWS東京リージョンの大規模障害に学ぶ、パブリッククラウド上のシステムの迅速な復旧方法

  5. windows-server

    【ユースケース】ソフトウェア開発にDell EMCインフラ+コンテナを使うメリット

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]